全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 共通点と相違点...

共通点と相違点1

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


前々回ドラムマニアについて書きましたが、よく


『ドラムマニアが上手い人って本物のドラムも叩けるんですか?』


と、聞かれます。




まず「叩けるか」という問いに対しての答えは


叩けます


と答えます。


ただし


物理的には


という限定付です。


ドラムマニアは上級コースともなるとほぼ普通のドラムパターンと同じ手足の動きをするので、ドラムマニアが上手い人は手足の分離(手足をバラバラに動かすこと)が非常に高いレベルでできています。

そのまま本物のドラムセットに移行してもほとんど抵抗なく叩けるはずです。

さらに速さに対する適応能力も相当すごくて、BPM200超えの曲をみなさん平気な顔でこなしていきます。

現にそういう方が私の生徒さんにもいますが、その人の生ドラムの演奏を見たら(初めて生ドラムを叩くにも関わらず)最初から中級者くらいの手足の分離や上級者レベルのスピードへの対応ができていて驚きました。


そういう意味ではドラムマニアが上手い人は生ドラムもとりあえず『叩ける』と言えます。



ただなぜ「とりあえず」なのか。



それは物理的に手足が動くことと実際に生ドラムを音楽的に演奏することは全く別モノだからです。

そもそもドラムマニアと生ドラムの演奏とでは目指す方向(目的)がまったく違うので当たり前と言えば当たり前なのですがね。


(つづく)

 

(2015年10月20日(火) 10:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ