サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 大輔のドラムスクール スクールブログ 音をもっと大き...

音をもっと大きくしたい!という方の為に!

音をもっと大きくしたい!という方の為に!




「出す音を大きくするにはどうしたらいいですか?」という質問がよくあります。

単純に力を込めて叩きつければ大きな音は出ます(笑)が、

それは絶対にやってはいけません!



なぜなら、早く動かすのが困難になり、しかも手首の腱鞘炎になってしまうからです。

ドラムだけではなく、日常生活にも支障が出てしまいます。



そう言っている私自身、力を込めて叩いていた派なのですが…(;´・ω・)

手首に痛みを感じて、しばらくの間ドラムを叩くのをやめた時期もあります。

経験の上でお話ししますが、本当に力を入れすぎるのはよくありません!




ではどうやって音量を大きくすればいいのか。


●手の場合

・スティックのふり幅を大きくする(でも力は入れない)
・太くて長いスティックを使う
・打面がドラムのヘッドよりも10cmくらい下にあると思って振りぬく


●足の場合

・バネをフル活用してビーターを大きく返す
・ビーターの素材をウッドやチタンなど堅いものにする(値段はそれなりにします…)
・太る(笑)


このような方法が考えられます。

始めたばかりの頃は、手足の叩く順番で頭がいっぱいになっているでしょうから、ビートを叩くことに「慣れたかな」と思ったら気にしてみてください。

ちなみに、太るって選択肢は選ばないでくださいね(;´・ω・)






●個人的に役に立った練習方法をお教えします。

ただ力で叩くだけの自分のドラムから、力を抜くことに役に立った練習方法は



・ゆっくりのテンポでのチェンジアップを全力で頭の上まで振りかぶって叩く(テンポはしっかりキープする)

・すごく遅いシングルストロークから段々早くしていき、最高速度で約10秒キープ。そこからだんだん遅くしていく。これをできる限り大きくスティックを振り上げて叩く。




振り上げる方に特に意識をおいて、振り下ろす時は脱力を意識してやりましょう。


この練習でできるようになる事は、スティックが自然と大きく振り上がるようになり、連打できるテンポも上がります。

大きく振り上げれるという事は、音が大きくなるだけではなく、ドラミングに余裕が生まれるという事です。

ですので、自然と8ビートにも余裕が生まれてきます。

叩く姿にもハッキリと分かるくらい変わります。







大きな音を出すためには、それなりの「慣れ」が必要です。

順序としては、



頭で考えなくても手足が動くようになる(まずは8ビート)



リズムキープがある程度できるようになる



音量を考える


みたいな感じだと思います。






ビートの練習とストロークの練習は並行してやっていく方が良いのだと思いますが、

ドラムを楽しく叩くにはやっぱりビートですよね(笑)

なので私のレッスンでは先にビートから教えていきます。

もちろん、生徒さんの要望があれば優先順位を替えてレッスンしていきます。







ドラムには地味な練習が多いですが、初めの内にしっかりできるようになれば、すぐに派手なドラムが叩けるようになります。




昔の私みたいに基礎を飛ばさないように、しっかりとドラムの基礎から教わってくださいね!




小さな音での叩き方はまた別の機会に書きたいと思います(*'ω'*)



レッツ!脱力!


 

(2015年10月19日(月) 16:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

エルレやホルモンとも共演!上達するプロセスを一緒に楽しみながらレッスン

新着記事

楽曲のビートは8ビートや16ビートだけじゃない! ラテンやジャズ色んな分野から取り入れてきたものを自分なりに吸収してROCKやPOPSで活かすドラムも多く存在します。 私の得意分野はROCKですが、何となく他のジャンルも叩けます。 五郎丸歩が出演している「アサヒ ザ・ドリーム...

16ビートになると、8ビートは違って勢いだけで叩くのは難しくなります。 ガンガン叩くのではなく、きちんと16分音符を意識しながら叩かないとバンドで合わせて演奏をするのは困難に近いでしょう…。 まずは「どこを」「どの手(足)で」「どのように」叩いているのかをきちんと理解する事です。 ...

ドラム講師の中山です。 今回はバスドラのダブルの踏み方を書いてみたいと思います。 単純にペダルを2回踏んで音を2回鳴らす事を言います。 イメージ的には ドン!ドン! ではなく ドドン! というような、早くつなげたい時に使います。 1回...

大人気バンドの『ONEOKROCK』の完全感覚ドリーマーはどのくらいで叩けますか? という質問を何度かいただきました。 始めたばかりの人にとってはとても難しいでしょう。 まずテンポが速い! そして、Aメロからスネアの位置をずらしてあるビートが出てきます。 何よりイ...

音をもっと大きくしたい!という方の為に! 「出す音を大きくするにはどうしたらいいですか?」という質問がよくあります。 単純に力を込めて叩きつければ大きな音は出ます(笑)が、 それは絶対にやってはいけません! なぜなら、早く動かすのが困難になり、しかも...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ