サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 大輔のドラムスクール スクールブログ 憧れのステージ...

憧れのステージに立とう!

このブログを読んでくれているという事は、ドラムに興味があるという事は間違いないでしょう。


さて、最近の私はというと、バンドでライヴをしたりレコーディングしたり、ドラムのアレンジをしたりと時間があれば音楽ばかりやっているバカ野郎です(n*´ω`*n)




今でこそステージに立つ事に慣れてしまっていますが、始めたばかりの頃はそれこそ緊張しまくりです!

ハッキリ言って記憶がほとんどなくなってるくらいに(-_-;)

それでも経験を積めば慣れていくものなんですねぇ…





ドラムを叩いたことない人によく言われる言葉で

「手足がバラバラに動いてすごいねぇ」

とありますが、そんなにすごい事ではありません!




難しく考えないで、自転車に乗る事と大差ないと思ってください。


自転車に乗れない人から見れば

「タイヤ2つであんなに不安定なのにどうして転ばないの?」

と思うでしょう。たぶん…


でも、1回乗れるようになれば簡単に運転できますよね?

そこから先のテクニックは更に上の練習になります。

例えば手放し運転(私はできませんが…)とか、ウイリー(これもできません…)とか。





ドラムも同じようなものだと思ってください。

叩けるようになってしまえば身体は忘れません。

「ここがこうなって…次はここがこうなって…それから…」

みたいに考えるのは初めの内だけです。

手足の動きを覚えてしまえば、ドラムは叩けるようになるんです。

もちろん、そこから先は更に練習が必要になりますが、そこはドラムに限らず何でもそうですよね。


私のレッスンでは、ドラムを叩く事に必要なポイントを分かりやすく説明して教えていきます。

例えば!

スティックを振り上げる時、どこを持ち上げていますか?

A.手首
B.肘
C.肩
D.スティック

さて、その答えは…




おっと、そろそろ時間のようですので、続きは私のレッスンでお教えします(*´ω`*)








ドラマーとして、憧れのステージに立つ為の第一歩は、まずドラムを叩いて実感してみる事です!

自分で勉強していく事も素晴らしい事だと思いますが、体験レッスンだけでも学べる事は多いと思いますよ(*'ω'*)ノ


「ちょっと気になるなぁ」と思ったあなた!

是非一度レッスンを体験しに来てくださいね!


その先にあなたのドラマーとしてのステージが待っていますよ!

憧れのステージに立とう!

(2015年10月13日(火) 23:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

エルレやホルモンとも共演!上達するプロセスを一緒に楽しみながらレッスン

新着記事

楽曲のビートは8ビートや16ビートだけじゃない! ラテンやジャズ色んな分野から取り入れてきたものを自分なりに吸収してROCKやPOPSで活かすドラムも多く存在します。 私の得意分野はROCKですが、何となく他のジャンルも叩けます。 五郎丸歩が出演している「アサヒ ザ・ドリーム...

16ビートになると、8ビートは違って勢いだけで叩くのは難しくなります。 ガンガン叩くのではなく、きちんと16分音符を意識しながら叩かないとバンドで合わせて演奏をするのは困難に近いでしょう…。 まずは「どこを」「どの手(足)で」「どのように」叩いているのかをきちんと理解する事です。 ...

ドラム講師の中山です。 今回はバスドラのダブルの踏み方を書いてみたいと思います。 単純にペダルを2回踏んで音を2回鳴らす事を言います。 イメージ的には ドン!ドン! ではなく ドドン! というような、早くつなげたい時に使います。 1回...

大人気バンドの『ONEOKROCK』の完全感覚ドリーマーはどのくらいで叩けますか? という質問を何度かいただきました。 始めたばかりの人にとってはとても難しいでしょう。 まずテンポが速い! そして、Aメロからスネアの位置をずらしてあるビートが出てきます。 何よりイ...

音をもっと大きくしたい!という方の為に! 「出す音を大きくするにはどうしたらいいですか?」という質問がよくあります。 単純に力を込めて叩きつければ大きな音は出ます(笑)が、 それは絶対にやってはいけません! なぜなら、早く動かすのが困難になり、しかも...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ