全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,803 ...

#1,803 (10/10)~素材を知り楽器を知る♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

ドラムを習い始めると、スティックケース→フットペダルと徐々にアイテムを持つようになります。
その次に持っておきたいアイテムとしてスネアドラムがありますが、豊富な種類にどんなスネアを選べば良いのか皆さん困っているようです。

選ぶポイントとして何より「素材」を知る事が大事です。
ドラムは大きく木製と金属製に分かれます。画像はそんな「Shell(胴)」部分を集めた物です。

(画像参照)

[木製]
メイプル
バーチ
オーク

メイプルはカエデ科の木、バーチはカバ、オークは樫の木です。ほとんどのメーカーから出ているShellはこの3種類が多いですが、他にもマホガニー、ブビンガ、ローズウッド等もあります。
それぞれ音色が違いますので叩き比べて好みを選びましょう。

[金属]
スティール
カッパー
ブラス
アルミニウム

金属は分かりやすく説明すると小銭と同じです。スティール(鉄)は50円や100円、カッパー(銅)は10円、ブラス(真鍮)は5円、アルミニウムは1円です。
これも素材により響きが違います。同じサイズのスネアで叩き比べると分かりやすいと思います。

素材を知り楽器を知る。楽器選びの基本です。

#1,803 (10/10)~素材を知り楽器を知る♪

(2015年10月10日(土) 0:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ