全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,797 ...

#1,797 (10/4)~フットペダルのセッティング♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

前回のタムホルダー・セッティングに続き、今回はフットペダルのセッティングについて詳しく紹介します。
フットペダルも置いてあるまま踏むのではなく、毎回快適に演奏出来るようにセッティングしましょう。

画像はスタジオにも多く置いてあるPearlのフットペダルです。分かりやすいよう、このフットペダルで説明します。
※フットペダルをセッティングするには必ずチューニングキーが必要です。ドラムをするならチューニングキーは必ず持っておきましょう。
(画像参照)


このボルトでビーターの角度を調整します。角度は画像のように打面から45度以上離すようにしましょう。この角度はバスドラムの音量に関係するので重要です。


このボルトでビーターの長さを調整します。バスドラムの打面(中心部)に当たるように調整しましょう。Pearlのビーターは4面あり演奏内容によって変える事が出来ます。


このネジでスプリングの強さ=ペダルを踏み込む強さが調整出来ます。間違って①のボルトでスプリングの調整をしようとする方がいるので間違えないようにしましょう。


ここはフットペダル自体が動かないようにバスドラムのフープに固定する為のネジです。
何より最初にフットペダルが固定されているかチェックするようにしましょう。

Pearlのフットペダルで説明しましたが他のメーカーのペダルもほぼ同じ位置に調整するボルトがあります。色々試し覚えるようにしていきましょう。

#1,797 (10/4)~フットペダルのセッティング♪

(2015年10月4日(日) 0:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ