全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ドラマーはもっ...

ドラマーはもっと歌おう2

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


前回は「ドラマーはもっとフレーズを歌うべし」ということを書きましたが、その第二弾です。

今回お伝えしたいのは


ドラマーはカウントを歌おう


です。


このネタもすでに過去ブログで書いていると思いますが、とても大事なことなので再度書きます。(けっしてネタ切れではありませんwww)

世の中のほとんどのドラマーさんがリズムキープで悩んでいると思います。(私もいまだに...^^)

そのため日夜メトロノーム(クリック)を使って必死に練習している方も少なくないでしょう。


確かにメトロノームを使って練習するのはリズムキープ力をアップするための王道ですが、取り組み方を間違えるとリズムキープ力がいつまでたっても上がらないというお話です。



どんな教則本にも「メトロノームに合わせて練習しましょう」と書いてあります。

確かにそれは100%正しいです。



けれど誤解を恐れずに言うならばメトロノームに合わせなければいけないのはあなたのドラムの音ではありません。

まず最初にメトロノームに合わせなければいけないのは...


あなたの声です


多分「えっ?声?」と驚かれる方も多いと思いのではないでしょうか。

でもそうなんですよ。

もちろん最終的にはドラムの音とメトロノームの音がピッタリ合うようにしなければいけません。

けれどリズムキープのスキルが低い段階でいきなり音と音を合わせることだけに集中しすぎるとドラムを演奏するというよりもただ手足を操作する作業になってしまうおそれがあります。

そこでそれを避けるために冒頭で書いた『カウントを歌う』ということ実践していただきたいのです。


やることは簡単です。

メトロノームに合わせて大きな声で「1・2・3・4!」とカウントしながらドラムを叩くだけ。

ただしカウントはドラムの音に負けないくらいの大きな声でなければなりません。

この大きな声というのがとても重要で、なるべく自分の意識がカウントに向かうように(ドラムに向かわないように)してください。

ドラムを叩くことに集中してしまって、ドラムプレイにカウントを合わせるのでは意味がありません。

声(カウント)にシンクロさせるようにドラムを叩いてください。

※カウントがドラムプレイにつられて乱れては意味が無いのでドラムはシンプルなパターンから始めてください。


これね、やってみる結構キツいんですよ。

息が苦しいっていうのもありますけど、油断するとすぐにカウントをサボってしまう自分がいるんです。

意識を途切れさせずにカウントし続けるということがいかにキツいかということがやってみると分かると思います。

けれどやったらやっただけの効果が必ずあります。

是非騙されたと思ってやってみてください。

必ずあなたのリズムキープ力がグッとアップします。


 

(2015年9月25日(金) 10:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ