全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,777 ...

#1,777 (9/14)~バスドラム/フットペダルの踏み方~基本編♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

入会し本レッスンを始められた新規生徒さんが増えましたので、改めて基本的な奏法をブログでも紹介していきます。

レッスンで一番質問が多いのはバスドラム/フットペダルの踏み方です。
体験レッスンで基本的な事を教えますが初心者の方には色々難しいようです(^_^;)

(画像参照)

①膝の角度
まずイスに座った時に膝の角度が90度より広くなるようにしましょう。この場合バスドラムから離れるかイスの高さで調整します。
90度より狭い状態だと毎回足を上げる事となり負担がかかります。足を降ろすだけの動きが楽なので膝の角度は大事です。

②踵(かかと)
地面と平行に足を降ろすようにペダルを踏むと踵が上がります。少しで良いので叩く時は毎回踵を上げるようにしましょう。叩いた後は脱力するので踵を着いても大丈夫です。踏み込む時に踵が上がっている事が重要です。

③踏む位置
ペダルを踏む位置はプレートの中央辺り。音量を出す為やビーターの振り幅を大きくする上で踏む位置は重要です。特にプレートの前の方で踏んでいる方は表現力が狭くなるので治した方が良いと思います。
指からスティックを離さないのと同じように足先をプレートから離さないように踏むのもポイントです(※スライド式は別)。

あと、イスは深く座るのではなく浅く(前の方)座るようにしましょう。

#1,777 (9/14)~バスドラム/フットペダルの踏み方~基本編♪

(2015年9月14日(月) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ