サイタ音楽教室ドラム教室福岡 ケンゴのドラムスクール スクールブログ 上手くなるには...

上手くなるには。

上手くなるには、とにかく先生の技を盗むのが早い!!
やはり譜面で書ける事には、限界があります。
椅子の座り方、スティックの握り方は、特に譜面で書くのは、難しいのです。

ジャズのレガート
ハイハットの音色の出し方
8ビートの構え
16ビートの構え

一番大切な音を出す前の雰囲気を感じてほしい。

上手くなるには。

(2015年8月27日(木) 22:09)

前の記事

この記事を書いたコーチ

有名アーティストと多数競演!フュージョン~サルサまで幅広いジャンルOK

新着記事

上手くなるには、とにかく先生の技を盗むのが早い!! やはり譜面で書ける事には、限界があります。 椅子の座り方、スティックの握り方は、特に譜面で書くのは、難しいのです。 ジャズのレガート ハイハットの音色の出し方 8ビートの構え 16ビートの構え 一番大切な音を出す前の雰囲...

多分他のコーチの方も思っているんでしょうが、当日、会うまで生徒さんってどんな方だろう?どのくらいできるのだろう?って。 そして、初めて会ってレッスンして、ドラムのお話を聞いたり、普段の生活のお話したり、おいしいコーヒー屋さんのお話をしたり。 こんな形で、出会えるおもしろさってのは、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ