全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ レッスンを受け...

レッスンを受けるということ2

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら



『レッスンでせっかくお金を払うのだから何か独学では得られないものを手に入れたい』


と誰もが考えると思います。


私が考える「独学では得られないもの」とは


客観的な視点
適切なアドバイス



になるかと思います。


繰り返しますが私は独学でプロになりました。ですから独学でもプロミュージシャンにはなれることはなれます。

ですが独学は非常に厳しい茨(いばら)の道であることは覚悟しておいてください。

だって自分に必要な練習メニューとか自分のフォームが正しいかとかリズムパターンが叩けているかとかジャッジをしてくれる人がいないんですよ(自分を除いて)。

全部セルフでやらなければなりません。

セルフでやるということは毎日毎日が試行錯誤の繰り返しです。

全てにおいて自分で試してダメ出しして試してダメ出ししてを何度も何度もやるのです。

もちろんその試行錯誤のプロセスは自分がミュージシャンとして成長するためには大きなプラスになりますが、とんでもなく時間がかかるのです。


私は生徒さんによく


先生はね、足のダブルが踏めるようになるのに8年かかったよ

手のダブルストロークなんかまともに叩けるようになるのに10年かかったよ


というとみなさん「え~っ?!」と驚かれます。

けれど大袈裟でもなんでもなくこれは本当のことなんです。

幸い二十歳くらいの時にある教則ビデオと出会って自分の中の奏法が劇的に改善されることがあったので、辛うじて手も足もダブルができるようになりましたが「もしその出会いがなかったら...」と思うとゾッとします。

永遠にダブルができなかったかも知れません。

それくらい独学というのは迷路にハマるとかなりやっかいなものなのです。

 

(2015年7月31日(金) 16:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ