全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 大人の武器

大人の武器

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


前回は子供がなぜ上達が早いのかということについて触れましたが、では大人になってから楽器を始めたら上達スピードは絶対に子供にかなわないのでしょうか。


いいえ、そんなことはありません。


大人には大人の武器があります。

それは


理論的にものごとを考えることができる


ことです。


例えばダブルストローク。

ダブルストロークはただやみくもにスティックを2連打すればいいというものではありません。

きちんとしたロジックがあり、合理的に手やスティックを動かさなければ正しいダブルストロークは打てません。


ただ小学生の子供にこむずかしい理屈を教えようとしても拒絶反応を示すでしょうし、下手したらいっぺんにドラムが嫌いになってしまうかもしれません。

ですので子供の場合はまずはおおざっぱに手の動きを伝えて(間違っていてもいいので)スティックを動かしてもらいながら、徐々に体得してもらうようなアプローチ取ることが多いです。


一方大人の場合は見本を見せて「ではやってみましょう」だけだとできないことを恥じたり失敗を恐れて若干萎縮してしまうんですね。

そこで最初にある程度ダブルストロークに関する知識、情報、手や手首の動き、指の使い方がスティックのリバウンドにとどう密接に関わっているかといったようなメカニズムなどを教えます。

そうして「へぇ、そんな風になってるんだ」とちょっと好奇心が芽生えたところで、ダブルストロークの手の動きを各プロセスごとに分けて順を追って修得させるというやり方をします。


ある程度アタマで理解した上でとりかかる方が意外とスムーズに取り組めたりするんですね。

特に知的好奇心旺盛な大人の生徒さんはダブルストロークの手や指や手首の使い方を教えてあげると「おおっ、そんな風になっていたんですか」とめちゃくちゃ食いつきが良いです(笑)。


※何にでも例外があるように理屈っぽいことが好きな子供には理屈から入りますし、千本ノック方式が向いている大人には敢えて理屈は教えずただひたすらやり続けるタイプの練習をやらせることもあります。


大人は子供の様な柔軟さはありませんが、その分これまでに培ってきた理論的に物事を捉える習慣が身に付いていますから、その能力を最大限に活かしてレッスンを効率的に進めることができます。

だから「もう年齢的に厳しいかな」とか諦めたりしないでください。

何歳になろうとも楽器の腕前は確実に上達します。


 

(2015年7月27日(月) 19:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ