全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,727 ...

#1,727 (7/26)~レコーディング環境♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

レコーディング時の環境を勘違いされている生徒さんがおられましたので、少し簡単に説明しておきます(^_^;)。

まず、ドラムセットはリハーサルスタジオにあるような基本的なセットがレコーディングルームにも用意されてます。自分のスネアやシンバル等を追加して使いたい場合は事前に私に言ってください(シンバルスタンド等必要なので)。

演奏する時はヘッドホンをかぶりミキサー(音響卓)から音を聴きます。各トラック毎に出てくる音が分かれており、

①クリック音(メトロノーム)
②ギターやベース等のカラオケ音源
③自分が叩くドラムの音
④音響側とのやりとり(トークバック)

等、各フェーダーで調整出来るようになっています。又、音響側の録音機材はプロトゥールス(ソフト)を使用。パソコン上で全体の操作をします。

レコーディング知識を学ぶのも音楽業界を知る上で勉強になるので良い経験になると思います。次回はそんなレコーディングの専門用語を紹介致します。


P.S.
ドラムマガジン・コンテストの最終審査員3名のドラマーが発表されました~(^_^)。

沼澤尚、Fuyu、Amano Tatsuya、

結果発表の通巻300号(2015年12月号)で3名のデモ演奏映像が付録DVDに収録される予定です。

ん~個人的イメージとして今回はロック色が強そうな感じです。

http://www.rittor-music.co.jp/drum_contest_2015/judge.html

#1,727 (7/26)~レコーディング環境♪

(2015年7月26日(日) 0:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ