全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,703 ...

#1,703 (7/2)~タム・セッティング♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

YAMAHAのウッドフープ/ヴィンテージフープのストックが届きました。これで一安心(^_^)/
私のスネアは13"インチ6テンションなのでタム用のウッドフープでも大丈夫なので便利です♪

タムと言えば、何回かブログでもお伝えしてきてますが、未だタムのセッティングがちゃんと出来てない方が多いです。再度分かりやすく紹介したいと思います。
(画像参照)

色んなメーカーのタムホルダーがありますがセッティングしやすいYAMAHAのタムホルダーを紹介します。
Aはバスドラム・フロント側からのタムホルダー。Bは叩く側からのタムホルダーです。

①YAMAHAのタムホルダーは1本から2本に枝分かれしている構造で、まずは全体として一番根元のタムホルダーを上げ高さを調整してください。
そこから枝分かれしている各タムホルダーの高さを調整しましょう。

②ここはボール状になっているので自由に角度を調整出来ます。気をつけてほしいのはボルトを回す時は必ずタムを持って調整する事。持ってないとタムが落ちバスドラムがキズ着いてしまいます。

③ここはタムとタムホルダーを取り付ける所です。ここを角度調整と間違える人が多くバスドラムをキズ着けてしまいます。気をつけて調整しましょう。少しだけ手前にタムを向ける事は出来ます。

これを読んだ生徒さんはしっかり守ってください。
※絶対にボルトを緩めてない状態でタムを動かさない事。これをした生徒は私でも怒ります。

#1,703 (7/2)~タム・セッティング♪

(2015年7月2日(木) 0:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ