全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 カツ.jp ドラムスクール スクールブログ 夏の日の199...

夏の日の1993。

この歌は僕の高校生の時にclassというユニットが出した曲で、僕ら世代の人はみんな知ってるんじゃないかというぐらい有名で名曲なんですが、そのclassの日浦さんと僕の所属しているGETCHA!というバンドがジョイントライブすることになりました。

この歌は僕が中、高と好きな子がいて、結局は告白出来なかったんですが(笑)、その時の気持ちがよみがえってくる思い出の曲です。

音楽の凄いところは、その曲に結びつきがあって、その曲と共に思い出を蘇らせる力があるって事です。
そしてそれが力になる。

だから僕はあまり自分の教科書を使いません。
出来るだけ演奏したい曲を生徒さんに聞いて、その曲に沿った練習をするように心掛けています。

よく基礎から教えて下さいと言われますが、曲の中に全ての基礎は盛り込まれています。
逆に基礎なくしては曲を演奏する事は出来ません。

なので安心して先ずは好きな曲をお持ち頂きたいのです。

テクノロジーの発達でテンポの速い曲をゆっくりにするアプリなどもありますので(僕はよくレッスンで使いますw)、心配せずに好きな曲をお持ち下さい。

思い出の曲を演奏して楽しかった、切なかった想いも一緒に思い出して人生を楽しみましょう。

僕も現在、この歌を思い出と共に練習中です。
音楽を精一杯楽しんでおります(^-^)

夏の日の1993。

(2015年6月23日(火) 15:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

ブログ記事 ページ先頭へ