全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,690 ...

#1,690 (6/19)~ハイハット~叩き方編♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

前回ハイハット・オープンについて少し紹介しました。今回はそのハイハットの叩き方について紹介します。
(画像参照)

スティックのどの場所で叩くかで音色も変わります。

①チップ
スティックの先部分。

②ショルダー
チップからグリップ部分までの傾斜している部分。

これを基本に、

③チップで叩く
小さい音、細かいフレーズを表現したい時の叩き方。音質的には高音域です。

④ショルダーでハイハットのエッジを叩く
派手な音、ロックしたい時などハイハットを大きく表現したい時の叩き方。音質的には低音域です。
この叩き方はスティックのショルダー部分が"ショゲショゲ"になります(^_^;)

⑤ショルダーでハイハットのボウ(面)を叩く
意外にこの叩き方をしている人が少ないです(私はこの叩き方がメインです♪)。
上から叩くイメージで、一番ハッキリ音が出ます。音質的には中音域です。
この叩き方の秘密はレッスンにて♪

楽曲や表現したい雰囲気によって叩き方を変えるのがポイントです。ハイハットも奥深い楽器なんです♪

#1,690 (6/19)~ハイハット~叩き方編♪

(2015年6月19日(金) 0:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ