全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ドラムだってイ...

ドラムだってイメージが大事

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


ドラムを叩く時にどれくらいイメージを膨らませていますか。

歌い手さんは歌う前に自分の中でしっかりと「これから自分が表現したい世界観」みたいなイメージを持って歌うことが多いと思うのですよ。

何も考えずにただ声を出す人って少ないんじゃないかな。

でもドラマーとなると、意外と自分が出す音に無頓着な人が多い印象があります。

ドラムセットに向かってただ何も考えずにドンパンドンパン音を出しているようなイメージと言ったらいいんでしょうか。


自分がドラムを叩く時を想像してみてください。

手足の動きばかりに気を取られていませんか。

叩きながら「次はこのパターン、次はこのフィルイン」みたいに課題をこなすような演奏になっていませんか。


確かに楽器の特性上まずは物理的に手足を分離して動かすスキルが必要とされるため、初期段階ではつい手足の動きの部分のみに自分の意識が向くのも無理はありません。

ですがある程度ドラムを叩くことに慣れてきて簡単な8ビートくらいなら特に意識しなくても叩けるようになったら、次は「自分はどんな8ビートを叩きたいのか」というイメージ部分にもっとスポットライトをあててあげてください。


「手足を動かす順序が正しくできたからOK」で終わりにせず、「激しい8ビート」「穏やかな8ビート」「スピード感のある8ビート」「重々しい8ビート」など(抽象的でもいいので)頭でイメージして演奏してみてください。

そして自分のイメージ通りに表現できているか、演奏を録音してチェック。

イメージと違っていたら何が問題なのか、どこに原因があるのかを分析して、そこを改善していきます。

どうですか。

テーマも無くただダラダラ練習するよりもずっと音楽的だしこちらの方が楽しそうでしょ?

それにこういったプロセスを経たあなたの8ビートは以前とは比べものにならないほど音楽的で説得力のある演奏になっているはず。

共演者からも間違いなく喜ばれます。

是非演奏時にイメージを持って演奏してみてください。

 

(2015年6月11日(木) 17:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ