全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 防音は楽じゃな...

防音は楽じゃない

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


昨年から進めてきました新居建築計画ですが、家がボチボチ完成を迎えております。

すでに少しずつ荷物を運びこんでおりまして、6月中には引越しを完了する予定です。

さて、この新居において私にとっての一番の気がかりが自分の仕事場となる防音室でした。

当初本格的な防音をしようと考えたものの予算がかかり過ぎる(300万円以上)ため、簡易なものに切り替えて、あとは自分でDIYでなんとかしようと考えていました。

※簡易とは言え100万円以上かかりましたが


で、実際防音室で電子ドラムのパッドをパンパン叩いて、バスドラムのパッドをガンガン鳴らしてみた感想ですが...



微妙...(笑)



もちろん普通の部屋よりは遥かに防音されていることは確かなのですが、やはり電子ドラムの音がパワフル過ぎて今のままでは家族が安心して眠れないだろうな、というのが正直な感想です。(夜中に練習しますからね)

やっぱりここから先はDIYで自力でなんとかしなければいけないようです。

ネットでいろいろと調べて、あとは知人、友人にいろいろと相談しながらあれこれ試行錯誤してみます。

前向きに考えて楽しく乗り切ろう!


防音がしっかりされた後はこの部屋でもレッスンをやりますよ。

もちろん電子ドラムでのレッスンとなりますが、電子ドラムでもドラムの楽しさは十分味わえるので問題ないと考えています。

それよりも生徒さんにとって良いことはスタジオ代が格安な事。

基本的にはスタジオ代は1回につき500円くらいで設定しようと考えています。(1時間ではなくて1回ですよ)


通常のリハスタですとバンド練習料金で部屋を予約しなければならないので1時間につき2500円程度はかかりますよね。その負担を大幅に減らすことが出来るようになります。


ちなみになぜ自宅でレッスンをするのにスタジオ代を取るかというと(防音室を作るのに経費がかかっていることもありますが)機材が消耗するため機材使用料的な意味合いでいただこうかと考えております。

あとは少額でもお金を払うことで機材を大事に使う意識を生徒さんが持てるようになることも狙いの一つです。


防音室のその後についてはこちらでもちょくちょくアップしていこうと思いますのでお楽しみに。

 

(2015年5月26日(火) 12:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ