全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,664 ...

#1,664 (5/24)~ハイハット・クラッチ♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

ドラムを叩いている途中、突然ハイハット・クラッチが外れてしまい困った事はありませんか?
ハイハット・クラッチはトップ・ハイハット(上側)に取り付けてあるパーツです(画像①)。

意外とハイハット・クラッチの仕組みを理解されていない生徒さんが多いので詳しく説明しておきたいと思います。

ハイハット・クラッチを細かくすると画像②のような構造になっています。
トップ・ハイハットに取り付けるのは、黒いゴムとゴムの間です(赤い矢印部分)。※フェルトの場合もあります。

実際にハイハットに取り付ける時は画像③のようにパーツ半分をトップ・ハイハットに通します。
これを反対側にひっくり返し残りのパーツを取り付けます。※必ずゴムとゴムの間にハイハットを挟むように。決して金属パーツで挟まない事(画像④)。

ネジ式になっているのでしっかり止めておきましょう。取り付けが出来た状態が画像⑤です。
これまで仕組みを理解されてなかった生徒さんは、これを参考に今後取り付けてください(^_^)。

#1,664 (5/24)~ハイハット・クラッチ♪

(2015年5月24日(日) 0:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ