全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,660 ...

#1,660 (5/20)~メトロノーム活用♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

リズム感を良くするにはメトロノームを使った練習が一番。
一定のテンポを出しそれに合わせてリズムを叩く…。一般的な練習方法ですが、今回はよりリズム感を鍛える!?メトロノームの活用方法を紹介します。

(画像参照)
メトロノームは画像上のように4分音符を拍として感じカウントしていると思います。◇=メトロノームの音
これを例として同じテンポで①②の位置にメトロノームの音がくるように感じてみましょう。

①メトロノームをスタートさせ、メトロノームの音が8分音符ウラで鳴るように感じる。
メトロノームが鳴っている反対が通常のカウント位置(拍)にくるように手拍子を叩きます。手拍子を叩きながら口で「ワン・ツー・スリー・フォー」とカウントが歌えれば完成です。

②メトロノームの音が3連符の3つ目に鳴るように感じる。
やり方は①と同じです。拍となる部分に手拍子を叩きカウントを歌います。しっかり3連符を感じる事が重要です。

更に①②のカウントを歌いながら実際にドラムセットでリズムパターンを叩く練習をすれば尚良い練習が出来ます(①は8Beatや16Beat、②はShuffle等3連系リズム)。

文章だけで伝えるのは難しいですので、レッスンでもテキストを配りレクチャーしていきたいと思います。

#1,660 (5/20)~メトロノーム活用♪

(2015年5月20日(水) 0:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ