全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,649 ...

#1,649 (5/9)~グリップは全ての基盤♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日は晴れて良い天気(むしろ暑かった…)。
レッスンは午後から夜まで上新庄~茨木~新大阪で行いました。

何と、来週12日(火)は台風が接近するそうです。たまたまレッスンが少ないので今から移動させようと思います。

最近、生徒さんの上達の差が目立ちます。
あえて口に出さなくても沢山練習して良くなっている人と、全く練習していない人が分かります。

ドラムの上達に性別や年齢は全く関係ありません。小学4年生の女の子ですら「Change Up」の8連まで、テンポ90でダブルストロークやパラディドルが叩け、79歳の生徒さんでも「4way Independence」が全て叩けるようになってます。

皆、暇ではなく学校や仕事をされてます。ダメなのは叩ける場所や時間があるのに練習しない人です。ドラムが好きなら私から練習してくださいと言われる前に自然にやるのが普通だと思います。
と言ってもマンツーマンなので私しか見えない事ですけどね(^_^;)。

さて、生徒さん達のドラムを見ていると、ダイナミクス(強弱)が上手くコントロール出来ている人と、そうでない人がいます。その違いはズバリ(古いか♪)グリップ/持ち方です。

グリップは全ての基盤です。持ち方一つでドラムの演奏が大きく変わります。
「持ち方なんて何でもいいよ」なんて思っていたら一生上手くなりません。上手なドラマー程グリップに対しての意識が違いますからね。

まず基本的なグリップを紹介しておきます。
(画像参照)

①画像左上
人指し指と親指を軸に握ります。これだけでスティックを動かせるようにします。全てはこれが出来ているかです。

②画像左下
他の指は軽く沿えるように握ります。軸となる人指し指と親指をアシストする形です。
このまま親指が上にくるように叩くとフレンチ・グリップになります。

③画像右
実際にドラムセットで叩くグリップはこの形(アメリカン・グリップ)になります。実はこれが重要なんです。

実際、リズムを叩いてる生徒さんを見ると、②の形で親指を上にしたフレンチ・グリップで叩いている方が多いです。しかし、このままだと細かいフレーズを叩く事が出来ません。

一つ打ちなら問題ありませんが、ゴーストノートやルーディメンツを表現するには軸となる人指し指と親指以外の指のコントロールが重要となります。フレンチ・グリップの状態だと指が横方向になってしまうので細かいフレーズが上手く叩けないのです。

なかなか細かいフレーズが叩けない方は、一度自分が叩いている姿を鏡や映像でチェックしてみてください。

#1,649 (5/9)~グリップは全ての基盤♪

(2015年5月9日(土) 0:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ