全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,634 ...

#1,634 (4/24)~バンドスコアからパート譜に~その二♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日も良い天気(^_^)。こんな日は河川敷など外でレッスンしたいです~。

本日も体験レッスンがあり営業を再開した茨木会場で行いました。実は前に一度お会いした方で会場で突然声をかけられ、このスクールを紹介し申込まれました。初心者の方でしたが楽しんでもらえて良かったです。早速来週に本レッスン、楽しみです♪

さて、前回はアナログ的なパート譜作りを紹介しましたが今回はデジタル的な方法を紹介。何を言っているのか分からない人は勉強してください(^_^;)

●[必要なもの]
・バンドスコア譜
・パソコン
・スキャナー
・プリンター
・画像編集ソフト

●[手順]
①まずはバンドスコア譜をスキャナーで画像として取り込みます(JPEG画像データ)。カラーではないので「グレースケール」にしておくとデータが軽くなります。解像度は200以上に設定。順番が分かりやすいようにファイル名に番号を付けておきましょう。

②取り込んだら「Photo Shop」など画像編集ソフトを立ち上げファイルを開きます。
(画像参照…かなり古い画面です)

③アナログ的な切り取る作業の逆=他のパートを消していきます。共通の表記は消さないよう残しておきましょう。パソコン上なので手が汚れず快適に作業が出来ます。

④同様に他のファイルもドラムパートだけにしていきますが、最初のファイルにコピーしていくと作業がスムーズです。

⑤全てのパート譜を並べたら画像サイズを用紙に合わせます。家庭用プリンターはA4サイズが多いのでA4サイズがベストです。

⑥JPEG画像データとして保存する以外にPDFファイルデータとして保存しておくと、コンビニ等の印刷機でもプリントする事が出来ます。

⑦プリントアウトして音源を聴きながら確認し出来上がりです。

一度データとして作ると紙のようにかさばらないので、必要な時だけプリントアウト出来るので便利です。前回紹介したアナログ方法と比べると作業時間も短く済ませます。

私自身は上記のような方法ではなく、ヒアリング(見コピ)して一から譜面を書くようにしてます。最終的にPDFに保存するのは同じですが。ヒアリングについても今後説明しないといけませんね。

#1,634 (4/24)~バンドスコアからパート譜に~その二♪

(2015年4月24日(金) 2:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ