全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 音楽と進学のこ...

音楽と進学のこと

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


このブログの読者の中には学生さんで音楽をやっている人もそれなりにいると思いますが、音楽と学校の勉強の両立は結構大変ですよね。

「自分は音楽一本で食べていくんだ」
「だから勉強は捨ててる」

と覚悟(笑)を決めている人はまぁいいですが、そこまで思い切った決断は出来ない方が普通です。

そうなると音楽もやりつつ、勉強も頑張りつつ、さらにそこにバイトも加わってきたりして結構時間のやりくりなどが大変になります。


さて、今回は親として、さらには社会人の先輩としての立場から意見を述べます。

私は

「行けるんだったらとりあえず大学くらい行っておけばいいんじゃないの?」

というスタンスです。


「とりあえず」なんて言うと大学進学を軽く考えているように感じられて怒られてしまうかも知れませんが...

今は音楽に夢中で音楽で食べていくことしか考えられない人も、5年後、10年後は全然違った考え方になっているかも知れません。

音楽に挫折して別の職業を探しているかも知れないし、音楽はアマチュアでいいやと割り切って公務員を目指しているかも知れません。

その時に「大卒でないとその仕事に就けない」ことはありますが「大卒だからこの仕事に就けない」ということはまずありません。

だったら将来進むべき方向の選択肢を出来るだけ多く残しておくためにも大卒の資格を持っておくことは(決して安い金額ではありませんが)人生のリスクを減らすことにつながると思います。


もちろん

「『プロになれなかったらどうしよう』などとやる前から失敗した時のことを考えていてどうする」

「退路を断って取り組むからこそ真剣さが増して成功に結び付くのだ」

という考え方もあります。


けれどプロを目指すほとんどの人がプロにはなれないという厳しい現実があり100人のうち99人が断念する(せざるを得ない)ような世界です。

リスクヘッジのために大卒の資格くらいは持っておいても損は無いと思います。


それに大学に進学することはミュージシャンになるのに遠回りとも限りません。

実際大学に進学し、卒業後に一流のミュージシャンとして活躍している人達はゴロゴロいます。

大学の音楽サークルでの出会いがプロデビューのきっかけとなる人もいます。


一見遠回りに見えるような道にもチャンスに結びつくような出来事は舞い込んできたりします。

どこにチャンスが転がっているか分からないのですから「音楽に関すること以外は全て無駄」と変にガチガチの思考に固まらずに柔軟に考えてみてください。

というわけで学生のうちは音楽も勉強も目一杯頑張って取り組んでみてください。

そして行けるチャンスがあるのなら大学は行ってみることをオススメします。

 

(2015年4月20日(月) 15:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ