全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ スネアの選び方...

スネアの選び方講座

シェルは大きく分けて金属製シェルと木製シェルの2種類があり
金属製ははっきりとした輪郭と音圧が出て、木製は丸みのある暖かいサウンドが出ます。

金属製シェル

●スチール(鉄)
重量が重くその分安定感があり、抜けてくる。アタックがあり音の輪郭がはっきり出ます。音圧も稼げるのでかなり優秀。ロックをやりたい人向け。

●ブラス(黄銅)
スチールに比べ音が柔らかく倍音が多い。薄い分チューニングが難しい。スチールでうるさいと言われがちな人はこちらでバンドサウンドをまとめると良し。

●アルミニウム
金属シェルの中でも一番明るく軽い音が出ます。
軽やかなハイピッチで抜けてくるので爽やかでもアタックが欲しい人向け。

●カッパー(銅)
ブラスよりも低音が効いていてレスポンスが速いのが特徴です。
しかし更にチューニングが難しいです。
こちらもバンドサウンドとの混ざりを考えると良いでしょう。

●ステンレス
高音が鋭くレスポンスもかなり良いです。
小さな鳴りも拾います。
スネアの存在感が欲しい人向け。

●チタン
最も重く最も鳴るシェル。最強。
メタル一択。

木製シェル

●メイプル(カエデ)
軽くて硬いのが特徴の素材。最もポピュラーな木胴で明るくて暖かい。
ポピュラーなだけに優秀で万能。ロックでもポップスでも。

●バーチ(カバ)
胴は低音がよく鳴り、アタック感がトンコンと鳴るので、上と下で両方鳴ってるような印象。オープンリムショットも太い音で抜けてくる。

●オーク(ナラ、カシ)
最もパワフルな木胴。
ロックに攻めたい人へ。

 

(2015年4月16日(木) 12:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ブログ記事 ページ先頭へ