全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 得ることは失う...

得ることは失うことでもある

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


Facebookで知人がちょっと面白いブログをシェアしていました。

聴かない訓練

読んでみて確かに合点がいくところがあります。


私はドラムを始めた当初、ドラムプレイの耳コピがしたくてドラムにばかりフォーカスして音楽を聴いていました。

そうしたらしばらくすると耳コピのスキルが上がり、どんな曲を聴いても瞬時にドラムの音だけが明瞭に分離して聞こえるようになりました。

聴くだけでどんなプレイをしているかがだいたい分かってしまうので譜面を買ったりする必要がなくとても助かりました。


ただ、その代りボーカルや他の楽器の音は意識して聴かないと全然耳に入った来なくなってしまいました。

「他の楽器はうっすらと後ろで鳴っている程度でドラムばかりがくっきり明瞭に聞こえる」

そんな聴き方です。

脳がドラム以外の情報を遮断するような聴き方に特化してしまったために非常に偏った音楽の聞こえ方になってしまったのです。

耳コピ能力を得た代わりに普通の音楽の聴き方は出来ない体になったというわけです。


その後、さすがにここまで偏った聴き方はマズいと思って、他の楽器も意識的に聞くように努めた結果、ひとまず全てのパートの音が耳に入って来るようにはなりました。

ただそれでも一般の人が聴くような聴き方は出来ていないはずです。

私は曲を聴いた時に一つの合わさった音楽としては聞こえず、各パートがバラバラに聞こえます。

バラバラの各パートが同時に進行して音楽を構成しているという感じ。


料理で例えるならば...

普通は料理を食べたら美味しいか不味いかの判断くらいしか出来ませんが、舌の感覚の鋭い料理人ならばスープを一口飲んだだけで、うま味の成分や配合量のおおまかな判断も出来るでしょう。そんな感じです。


職業で携わっている分野に特化して人間の感覚は鋭くなっていくわけですが、一般の人のようには感じられないというのはちょっと寂しい気もします。

昔みたいに音楽を一塊で聞きたいなぁ。

 

(2015年4月10日(金) 11:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ