全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ もっとフォーム...

もっとフォームを気にして!! その弐

前の続きです。


前回、バイクに乗るためのカッコいいフォームについて触れました。

フォームは、バイクに限らず、あらゆる分野でとてつもなく重要なファクターとして存在します。

どんなアスリートでも、自分のパフォーマンスを常に高い水準で発揮するために、フォームの見直しは、徹底的に行います。


やっと、本題です(笑)。

ドラムをプレイする人間にとっても、それは同じこと!


まず、自分が「このドラマーのフォーム、めっちゃカッコいい」と思うプレイヤーのフォーム、または、世間で一流と言われるプレイヤーのフォームをよーく見てください。もちろん個々で体格差やなんかがありますから、全く同じにはなろうはずもありませんが、その人達は確実に自分のフォームを確立しています。

そして、そこに強さや美しさを感じるはずです。


普通 人は、危なっかしく、不安定な余裕のないフォームを、カッコいいとか、美しいとか、この人やりそうだ。とか思いません。

無駄がなく、且つ隙のない安定したフォームに、私なら憧れます。


プレイがいまいち、しっくりこない などでお悩みの方、いい意味で、もう一度、自分のフォームを客観的に、「割とイケてきたな」と思えるまで 研究してみる価値はあるかも。ですよ。


〔形から〕は絶対、ありなんです。


 

(2015年4月4日(土) 15:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ