全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ もっとフォーム...

もっとフォームを気にして!!

このところ、雑務に追われてまして...。
と、更新できない言い訳から始まるわけでございます。
みなさん、お変わりありませんか?


季節が良くなってきますと、ライダーの姿を頻繁に見かけるようになります。
私もバイク好きですので、あの魅力についての心地の良い感情を知っています。


訳あって、しばらくバイクからは遠のいていますが、機会が訪れれば必ず、また乗り始めることでしょう。


さて、そのバイクについてですが、個人的に、「バイクは乗り手」だと思っております。


いくら、涎が出るほどカッコよく、そそるバイクでも、乗り手がイケてないともう終わり。と言いきってしまえるほど、ライダー次第な乗り物だと思っています。

ここでいう、乗り手次第の意味合いについては、結局のところ、マシンと人が、いかに人馬一体的な存在(ごく、自然に存在)となり得るか、なのです。



正直言いますと、町で見かけるほとんどのライダーを、「かっこいい」とか、「乗れてるな」などと思うことはありません。残念です。しか~し! たまさか、むっちゃ自然で力みなく、ちゃんと上半身のバランスがとれたライダーを、見かけると、「おお、居たよ、カッコ良いバイク乗りが」と思わずニンマリしてしまうのです。


そのカッコイイフォームを見せられたら、カブでも大排気量ツアラーでも車種は全く関係なくなるんです!


つづきます。



 

(2015年4月4日(土) 14:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ