全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 暗譜のススメ

暗譜のススメ

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※このネタも定期的に書いていますが、大事なことなので何度でも書きます(ネタが無いわけじゃありません(笑))。


私のレッスンでは曲の練習をする際は極力譜面は使わないで進めます。

それには理由があります。

譜面を読みながら演奏をするというのは実は非常に高度な技術を必要とする行為なのです。


譜面を読むという行為とドラムを叩く行為、この二つを同時並行で処理するには相当な訓練を積まなければなりません。

プロが譜面を読みながら軽々としかも感性豊かに演奏出来るのはそういう訓練を十分に積んでいるからであり、初級者がそれをやろうとするのは無謀な行為です。


「え?でも普通に譜面見ながらドラム叩きますけど...」


いやいや、それって単に叩くという作業をしているだけじゃ、ありませんか。

私が見る限り生徒さんで譜面を読みながら"音楽的に、表情豊かにドラムを叩くことが出来ている人"はいません。

読んだ通りになんとか手足を動かしているだけです。


譜面を読む能力は当然鍛えなければなりませんが、それはそれでちゃんと別の機会を設けて読譜力を鍛えるトレーニングをすればいいんです。

曲の演奏をする時はまずは曲に集中するためにも、自分が叩く音符はしっかり暗譜して、自分が叩こうとするプレイのイメージを持って(←これ重要)、それに沿って叩くようにしましょう。

 

(2015年4月3日(金) 11:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ