全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ありがちなこと...

ありがちなこと2

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


私はツインペダル推奨派なので、ことあるごとに「ツインペダル使いなよ~」とオススメしているのですが、生徒さんのよくある誤解の一つに


シングルでもまともにコントロール出来ないのにダブルなんて


というのがあります。


実際、軽音楽部の先輩から


ツインペダルはまだ早いと言われた


とかも聞きます。


これ本当に疑問なんですよ。

じゃ、逆に聞きますけど


利き足でバスドラムのペダルをどれだけコントロール出来るようになったらツインペダルに移行するんですか?


その判断基準はどこにあるの?
なぜその判断基準なの?
なんで利き足ばかり鍛えて反対側の足は後回しにするの?


例えば手だったら


とりあえず利き腕から鍛える


とかやりませんよね。


右利きの人はハイハットを右手で叩きますから右手の方を圧倒的に使いますがスティックコントロールの練習をする時は基本的に左右均等に鍛えます。

なんだったら利き腕じゃない方のトレーニングを重点的にやって、少しでも左右のバランスが整うようにします。


なぜこれを足でもやらないんですか。


ドラムを始めた初期段階で利き足じゃない方の足を鍛えない合理的理由がありますか。(あればいいんですよ)

私は「ドラムの初期段階であろうとも足は均等に鍛えていくべき」だと思っています。

例えツインペダルユーザーでなくとも、です。

ツインペダルユーザーならなおさら、です。

いずれは四肢を自由にコントロールしてドラムを演奏する必要性が出てきます。

だったら変に両手と利き足だけを使うプレイに体が慣れてしまう前に四肢を動かすクセをつけておいた方がいいです。

絶対にいいです。


ツインペダルを使ってみたいという方。

「やってみたい」と思っているなら今すぐ始めましょう。

その方が絶対に良いです。

間違いありません。

 

(2015年3月19日(木) 10:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ