サイタ音楽教室ドラム教室東京 タツイミキヤのドラム教室 スクールブログ 体験レッスンで...

体験レッスンでした!

ドラムコーチのタツイミキヤです。

2月は「Broken T.Vライブ」「バーベキュー和佐田さんとセッションライブ」「沖野俊太郎さんのレコーディング」「川合栄次君ライブ」「Al Van She's Comingライブ」「ミムラスライブ」とさりげなく多忙な日々を送りました。

曲を覚えるのが大変でした(笑)

さて、先日僕にとって初めての体験レッスンを行って参りました。
やることは決まっているといっても、どのような方が来られるか分からないので多少緊張しましたが、いざ始まってしまうとやはり楽しかったですね。

というか、ものすごく楽しんでいる自分がいてびっくりしました(笑)

一度ドラムを叩いたことがあるという生徒さんだったので、機材の説明などはほどほどに早速叩いてもらいました。
僕がお手本を見せた方がよいかしらん?と思いましたが、どのくらい叩けるか早く見てみたかったし、それに合わせてどういう指導をすればよいかを考えたかったのです。

なるほど。

最初は照れながら叩いていた生徒さんでしたが、段々と熱がこもっていく。
ドラムで一番大切なのはグルーブすることです。
彼にはそれができていると感じました。

もちろん、拙い部分はありまくります。じゃないと教える意味がない(笑)
でもしばらくやってるうちに基本的な所は段々できてくるんですよね。

生徒さんの演奏を聴きながら、こちらも段々身体が熱くなってくるわけです(笑)

なるほど。

僕はいじわるにも一歩先の16ビートの叩き方を少し教えました。
階段を3段飛ばしで上がるようなことですが、ラテン系の音楽が好きな彼は、
「おもしろい」
といって、悪戦苦闘されていらっしゃいました。

一度くらいは休憩をはさんでもよかったのかもしれません。
でも結局一時間、ドラムを介して僕と生徒さんは常に繋がっている状態になりました。

生徒さんが叩くドラムに興奮して休めない僕がいた(笑)

ドラムというか、音楽って楽しいですよ。

 

(2015年3月5日(木) 20:44)

前の記事

この記事を書いたコーチ

年1回武道館でのフェスにてドラムを担当!音楽を操る感覚を味わいませんか

新着記事

ドラムコーチのタツイミキヤです。 2月は「Broken T.Vライブ」「バーベキュー和佐田さんとセッションライブ」「沖野俊太郎さんのレコーディング」「川合栄次君ライブ」「Al Van She's Comingライブ」「ミムラスライブ」とさりげなく多忙な日々を送りました。 曲を覚える...

どうも!ドラムコーチのたついみきやです。 やたらとバタバタする日が続いておりましてブログの更新が遅れておりました。 先日は武道館にも出演してきましたよ。いやー素敵な経験でした。 さて、ドラムを始めるにあたって、まず挑むべきなのは8ビートではないかと思います。 難しいことはさてお...

どうも!ドラムコーチのタツイミキヤです。 先日は高円寺でのライブにカホンで参加しました。 カホンは箱形のパーカッションで、叩くとまるでドラムのような音が出ます。 アコースティック形態のライブでリズムが欲しいけどドラムではちょっとうるさいなあという時にとても重宝する楽器なんです。 ...

さて、ドラムを叩いてみたいなーと思ったら、まず必要なのはスティックですね。 楽器屋さんに行くと、ものすごーくたくさんのスティックがあるからびっくりすると思います。 材質、長さ、太さ、先端の形状など演奏したい音楽のタイプに合わせて多くのスティックが並んでいるのです。 いろんなスティ...

昨日は下北沢MOSAiCにて岸上規男のライブでした。 いやーとても楽しかったです。 今回は先日このブログに書いたとおりデジタルチックなドラムをを意識しつつも、どっしりとしたビートを供給できるよう気をつけました。 結果、初期のレディオヘッドのような雰囲気をある程度出せたかなと思...

ブログ記事 ページ先頭へ