全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ グッとくる感じ...

グッとくる感じが欲しい

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

最近は生徒さんが曲練習をする時に「叩いてみた」動画を持ってきて「こんな風に叩きたい」とリクエストされることがあります。

私も叩いてみた動画を見るのはとても参考になります。

曲によっては音源を聞くだけではどうやって叩いているか判別しにくい場合があり、他の人がどうやってそこをクリアしているのかが分かって面白いんです。


それにしても...

今は上手い人が多いですね。「アマチュアで上手い人がこれほどいるのか」と驚かされます。

ドラムという楽器に真剣に向き合い練習を積み重ねてきた若者がこれほどいたのかと思うと胸が熱くなります。



ただ一点残念、というか物足りない部分も。

もしかしたらここがアマチュアとプロの差かも知れないんですが...


アマチュアの人達は



演奏がサラッとし過ぎ。



上手いんだけどあっさりし過ぎてアピールが少ないんですよ。

上手い演奏はしょっちゅう出会えるんですけど、心を揺さぶられるようなグッとくる演奏にはなかなかお目にかかれません。

ひょっとすると手足を動かすことばかりに意識が集中してしまって、気持ちを伝えることまでは意識していないのかな。


「気持を伝える」なんていうとちょっと構えてしまうかも知れませんが、別に難しいことはありません。

もっと体全体を使ってドラムを叩くようにすればいいんです。


手や足だけでなく、胴体も動いて構わないし、頭を振ったっていいし、顔の表情だってもっと豊かに変化させていい。

っていうか気持ち込めて何かをしようとする時に無表情でやるってことは逆にあり得ないでしょ?

でも無表情で体も動かさず手と足だけが動いているドラマーさんは意外と多いです。


プロとアマはテクニック面で大きな差がありますが、実はこういったドラムを叩く動作以外のところに気を配れるようになると俄然演奏がプロ(上級者)っぽくなってきます。

テクニックが向上するには時間がかかりますが、今指摘したようなことは今日から早速取り組むことが出来ますし、場合によってはその場ですぐに改善してしまうこともあるでしょう。


今はスマホがあれば録画は簡単に出来ますから、是非自分の演奏を録画して「自分の叩きっぷりはどうか」「顔の表情はどうか」といった部分をチェックしてみてください。

そこが改善されるだけでいきなり「なんかあの人すごくない?」「メチャクチャかっこいいよね」と言われるようになる可能性もありますよ。

 

(2015年3月4日(水) 12:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ