サイタ音楽教室ドラム教室千葉 優しく教えるドラム講座 スクールブログ 表と裏

表と裏

こんばんは!

よく、リズムの裏をとるとグルーヴィーに叩けると聞きます。

本当にそうでしょうか?!

きっとそうなんだと思います(^^;


持論ではありますが、
裏を意識するためには先ず、表がシッカリとれていないと…

表がなければ裏は無いと思います。


そして最近気づいたのですが、
表を意識しているとき、自然に裏のリズムをとっていることを。

表裏一体とはこういうことなのかも知れません。


自分がどこまでグルーヴィーに叩けているか解りませんが、
日々の追求する姿勢を崩さず過ごしたいものです。


皆さん、
自分の好きなドラマーが、何を意識して演奏しているのか、
ちょっと気にしてみてください(^^)

何か変わってくるかも知れませんょ♪♪

 

(2015年2月19日(木) 0:50)

前の記事

この記事を書いたコーチ

まずはシンプルな技術をしっかりと。でんぱ組等、サポート経験も豊富!

ブログ記事 ページ先頭へ