全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ライブ雑感

ライブ雑感

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


昨日はご無沙汰バンドのライブでした。(ライブ会場は本拠地八王子XYZ→A)

今回はちょっとテーマを持ってライブに臨みました。

1.無駄な力を抜く
前のブログで「初心者は無駄な力を抜くとか意識しないでいい」と書きましたが、私はそういうわけにはいきませんwww

ここ3年位パワーヒッターのスタイルに変えたのですが、それとともに体の疲労が増えまして、それだけならまぁ自然なことだとも言えるのですが、ちょっとその疲労が背中に集中しているのでこれはなんとかせねばと思ったしだいです。

ライブ前日に確認のための個人練習に入ってどういう場面で背中に力が入ってしまうのかを確認。不必要に背中を緊張させているケースが多々あったのでそれを修正。

結果的にライブでの疲労度は3割減くらいになり、演奏により集中出来るようになりました。


2.グローブ着用
以前から試しては断念、試しては断念を繰り返していたのですが、ここ最近はハードヒットして手の皮が向けたり、マメが出来たりすることがあったので思い切って今回はグローブを着用して演奏してみました。

※チョイスしたグローブはTAMAの新製品でグローブを付けたままスマホやタブレットの操作などが出来るところが非常に便利。

私は普段からフィンガーコントロールを多用し、指先の感覚を大切にしているのでグローブを付けることは自分のプレイに(少ないとはいえ)マイナスの影響を及ぼすことになります。

そのマイナス分を差し引いてもメリットが上回るかを見極めるための実験でしたが...

結果は上々。

グローブを付けてすぐは多少違和感があるものの、しばらくすると手に馴染んで着用していることを忘れてしまいました。指の隙間に切れ目が入っていて放熱対策もされているところも良かったです(以前付けたグローブははめているととにかく暑かった)。

最大のメリットとしてはスティックが滑ってスッポ抜ける率がグッと減るので、スティックをホールどする手や指をよりリラックスさせることが出来る点。これはそのまま疲労軽減につながり私のようなハードヒッターには大きな利点となりました。

次回もグローブを着用して叩いてみようと思います。

次回のご無沙汰バンドのライブは


2月20日
高円寺SHOWBOAT

Harunobu Okubo Presents
「ShowBoat☆Progressive Energy」

※大久保さんにお声掛けいただきました

■御無沙汰バンド [Journey's Tribute]

佐々木章 (Gt, Cho)
宮野和也 (Ba, Cho)
滝本裕 (Dr, Cho)
DIOKEN (Vo)

■SOS [Emerson, Lake & Palmer's Tribute]

大久保治信(key)
堀尾忠司(vo.Ba.Gt)
木村万作(Dr)

Ticket  ShowBoat 発売中  整理Noあり
open 19:00
start 19:30

adv.¥3000
door.¥3500



対バンのドラマーがなんとあの木村万作さんです。楽屋でいろいろと質問責めにしたいと思います(笑)。

どうぞご期待ください!

 

(2015年2月14日(土) 23:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ