サイタ音楽教室ドラム教室東京 新しいドラム教室のカタチ スクールブログ 錯覚

錯覚

みなさん、お元気ですか?


もうすっかり秋ですね♪ 今年もあと3ヶ月ほど。。


はやいですねー。


今年からドラムをやり始めた人も沢山おられると思います♪


どうですか? 楽しめてますか♪?


やり始めはどんどん成長していくのが自分でもわかると思います。


でも少し経つと


「停滞期??」

と、思うくらい上手くなってるのか自分ではわからなくなる事もあると思います。


一つの事をやれば一つできなくなってる。。なんて事も(笑


でもご心配なく!!


それは停滞でも後退でもなく、一歩前進のための準備期間です^^


実は少しづつ前進してるんですよ♪



さて、みなさんは自分の練習した音とかを自分で聴いた事はありますか?


実は自分でセットに座って聴こえてる音と、離れて聴く音は結構違うものなんです。


「もっと大きく叩いてみましょう!」


「もっと○○な感じで叩きましょう」


なんて、講師から言われたりもしてるかと?


自分で叩いてて気持ち良い音ってのが一番良いですが、聴いてる人も気持ちよくなれる音を出せれば最高ですよね♪


そのためには、外から聴こえる音を知る事が大事です。


どんなのでもいいので録音機器を持つといいかもですね。

もし買えない場合は今のスタジオはほぼ録音できるようになっているので、練習の音を必ず録音しましょう。


それをプレイバックする事で、新たな発見が沢山ありますよ。


出来ていると思っていた事が出来てなかったり、出来てないと思ってた事が実は出来ていたり♪


人間の耳、目、感覚などは「錯覚」を起こしやすいのは、きっと皆さんご存知かと^^

日々の生活の中、色んな形で錯覚を体験してると思います。


実はこれ、音楽には非常に大事な感覚だと思っています。


人の耳の感覚、共感できる感覚は人それぞれですが、うまく聴こえさせる方法は沢山あります。

あ、でも騙して演奏するわけではないですよ(笑


たとえば、海外の有名なドラマーの一人、Dチェンさん。


彼のドラミングを映像などで見ているとものすごい音圧と音量で圧倒されるかと思います。


でも実際間近で見てみると爆音が鳴っている訳ではないのです。

体も思ったほど大きくなく背も決して高い訳ではない。。


さて、どういう事か。。。?


彼は迫力ある演奏の一歩手前で、もの凄く小さい繊細な音を出しています。


その反動で、少し大きな音を出すといかにも爆音かのように聴いている方は感じてしまうんです。


錯覚を上手に使っていますね。


「自分の耳はアテにするな」


これはある有名な日本人ドラマーさんが言った言葉。


深イイですね(笑


「これうるさいんじゃないかな?」ってくらいの音で叩いてると、外からはちょうど良かったり、

「この音ちょっと汚いかな?」って思うくらいが、バンドで合わせるとうまくとけ込んだり♪



外の音、自分の知らない音


これも聴きながら練習すると新しい世界が見えてくるかもですよ^^




楽しみながらたくさん練習しましょう!!!!

錯覚

(2009年9月27日(日) 21:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

世界各国で演奏活動をするグローバル派!海外からオファー多数

新着記事

みなさんこんにちは! 不定期ですが感じた事をブログに綴っていきたいと思います。 さて、先日「シルクドソレイユ」を観てきました。 スリリングでパワフルで圧巻のステージパフォーマンスでアッという間の2時間でしたが、気づいた事がありました。 演技中に流れている音楽が、ほとんど太鼓(ドラム...

お久しぶりです☆ 今年もあと少しですね^_^ みなさん音を楽しんでいますか? 生徒さんからよく「アガリ症で本番になると実力が発揮できない‥」という悩みを聞きます。 アガリ症‥ 実は日頃の練習方法で改善出来たりするんですよ☆ 練習の時、みなさんは何を思って練習されてま...

今年1月に契約しているLAのシンバルメーカーでPV撮影してきました。 動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=7zcjNWjKKDY 好きな音楽を 「自由に、自分らしく、自分の感じたままに」。 音楽は自由です。 す...

夏 夏 夏 いいですねー!!日本の夏!!!! 楽しんでますかー? 今年の夏は色んな場所で色んな人と音楽してます♪♪ さて、この前TVみてたら耳に飛び込んできた言葉が、、、 「Stay in the presenc...

みなさん、お元気ですか? もうすっかり秋ですね♪ 今年もあと3ヶ月ほど。。 はやいですねー。 今年からドラムをやり始めた人も沢山おられると思います♪ どうですか? 楽しめてますか♪? やり始めはどんどん成長していくのが自分でもわかると思います。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ