全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,543 ...

#1,543 (1/23)~バスドラムのポイント♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

前回もバスドラムの話をしましたが、バスドラムの踏み方で悩む方は沢山おられます。
バスドラムを上手く叩くポイントは2つあります(画像参照)。

画像①
まず必ず踵(かかと)を上げる事。上げると言っても地面と平行程度で大丈夫です。
踵が上がってないと音量が出ないのと継続して叩く事が出来ません。

画像②
ここが一番のポイント。毎回打った後は打面から離す事。
着けたままにする人を見ますが着けたままだと実際は音が止まったままになります=響かない状態。又、連続して早く打つ時にロスが出てしまいます。
手の場合、打った後スティックは打面から離れてますよね。脚も同じなんです。

フットペダルの使い方がまだ慣れてない方は焦らずゆっくり練習していきましょう。

#1,543 (1/23)~バスドラムのポイント♪

(2015年1月23日(金) 1:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ