サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ 感覚の伝達

感覚の伝達

これが、音楽だと常々感じています。

【音】は絵画や料理と違い、形に残そうとしたら、
何かしらの媒体を使わないと残せないモノ。

しかも、
自分が良くても、
聞き手が気に入らなければ伝わらない。

形に無いモノだから、
伝えられたそれが、気に入るかどうかは、
耳だけが頼り。

生の音は、文字通り"LIVE"なので、
音を出す側も、聞く側も、
真剣に且つリラックスしていなければ、
【音】に対してケジメがつかない。

何か、そんな難しさを痛感した、
昨日の夕方でした

中村"NOBU-san"暢晃

 

(2009年9月11日(金) 2:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

ドラム塾【舞】
中村"NOBU-san"暢晃 (ドラム)

吉祥寺・中野・荻窪・武蔵小金井

ブログ記事 ページ先頭へ