全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室滋賀 Shu'sドラムスクール スクールブログ 基礎練習~チェ...

基礎練習~チェンジアップ~

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年明けてからぐっと寒くなりましたね。
雪もすごくて車で一回スリップしてかなりヒヤッとしました。


前回バスドラムの踏み方の続きを書きますと言いましたが、
文字で表すのは難しいので今回はなしにします。

基本がしっかりとできてからの奏法ってこともあるので、
レッスンの中で紹介したいと思います。


では今回は基礎練習ということで!

家でできる基礎練習のご紹介をしたいと思います。


吹奏楽部でよく取り入れられている練習方法ですが、
「チェンジアップ」というものです。


テンポは60~200までで

4分音符2小節、
8分音符2小節
3連符2小節
16分音符2小節

をいったり戻ったりします。

3連符は難しかったらなしでも構いません。


音符をパッッと切り替えれるための練習ですね。


テンポを40~120までにして

4分音符、2拍3連、8分音符、16分音符、5連符、6連符
7連符、32分音符

を2小節ずつやる練習もいいですね。


それぞれの音符を歌うことが大切です。

4分=タ
8分=タッタッ
3連=タカタ
16分=タカタカ


それが言いにくい方は物や動物などで言うといいですよ

8分=ブタ、ネコ
3連=コブタ、たまご、
などなど

言いやすいものでおっけーです!


まずはそれぞれの音符をしっかり叩けるように練習しておいてくださいね!


次はアクセントの練習編です。
4つのストロークが重要な編になります!


では次回までごきげんよ~

 

(2015年1月12日(月) 19:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

目標に合わせた練習方法を一緒に考えます!ポップス~ラテン系まで対応可

Shu'sドラムスクール
大川秀志 (ドラム)

守山・山科・京都・三井寺

ブログ記事 ページ先頭へ