全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,527 ...

#1,527 (1/7)~フィルインは手順から♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

レッスンで生徒さんの楽曲演奏を見ていると、フィルイン(リズムの節目に叩くフレーズの事で「オカズ」とも言われてます)で躓く人が多いです。その原因のほとんどが、譜割りが理解出来ていないのと、手順が把握出来ていない事です。

耳コピばかりしている人は頭に音符が表れず、何となくで叩いてしまいます。それではいつまで経っても上達しません。
今回はそんな苦手なフィルインを克服出来るよう少しアドバイスしたいと思います♪

画像はよくある2拍フィルインを分かりやすく表記しました。
まずは、どのフィルインも全て16分音符の何処にあるか照らし合わせます。各フィルインの上、グレーで書かれた譜面です。オルタネート=右から交互に手順(RL)を書いておき、フィルインの手順を把握します。

①スネアとタムを使ったフィルイン
一番多いフィルインと言っても良いほど、よく聴くフィルインです。グレーの譜面と合わせ、最初の8分音符2つがRR(右右)と叩く事が分かると思います。同じように後半もRLRとなり全体の手順が分かりやすくなります。

②スネアだけのフィルイン・フレーズ
これもよく聴くパターンです。同じようにグレーの譜面と合わせ場所や手順を把握します。

③左手ポイントのフレーズ
最も手順を間違えるのがこのフレーズ。最初のスネアは16分の3つ目がないパターン=RL Lとなります。後半のフロアタムは頭の16分休符を感じる事がポイント。よってLRLとなります。
最後の手順を左手で叩いていないと次の小節が右手で入れなくなります。

④符点フレーズ
これもよく出てくるフレーズです。8分音符に符点が付くと16分音符3つ分の長さになります(ちなみに4分音符に符点が付くと8分音符3つ分です)。手順はR L、叩いていない所の長さを感じるのがポイントです。

フィルインは手順から音符の長さを感じ叩くのがコツ。手順が分からないと全て崩壊してしまいますからね♪
色んなフレーズの手順を沢山練習して苦手を無くしましょう。

#1,527 (1/7)~フィルインは手順から♪

(2015年1月7日(水) 0:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ