サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール RealJam スクールブログ 譜面と空気は読...

譜面と空気は読めた方が良い?

こんばんは。ドラム講師、平野雄大です。

今回は譜面の話を少し。

ドラム初心者~中級者の方に
よくこういう相談を受けることがあります。

「譜面が読めないんですけど大丈夫でしょうか?」

ん~、難しい質問です(汗)

一つのバンドに専属で所属している場合、
曲を作っていく過程で何度もメンバーと合わせる事が出来るし、
そんなにいっぺんに曲が増えることはあまり無いと思うので
そんなに読譜力(譜面を読む力)は必要ないかと思います。
(バンドに寄るでしょうけど…)

ただ、複数のバンドでサポートしたりする場合、
話は別になってきます。

いっぺんに7~8曲渡され、1ヶ月後にLIVEとなった場合、、、、

どうですか?

私だったら到底覚えられません。
(↑あれ?私だけ?汗)

それが複数のバンドになればなおさら。

そーゆー時の強い味方が「譜面」デス。

ただしこの場合の譜面というのは、
バンドスコアに書いてあるような
いわゆる“ドラム譜”ではありません。

コードとリピートマークだけ付いた
簡単な譜面であることがほとんどです。

つまり、曲の構成を理解する為の譜面ですね。

そこに、リハーサル前の個人予習や、
リハーサルでの決まり事を自分で書き込んでいくわけです。

なので、
ドラム譜が読めないことを
コンプレックスに感じることはありません。

リピート記号が理解できて、
簡単なリズム譜が分かれば何とかなるんです。

ちなみに私は幸い中学~高校とブラスバンドに所属しており、
譜面には強いと自負しております。

ですので、譜面になれるという意味も含め
レッスンに簡単な譜面を取り入れながら進めています。

もちろん、譜面をイチから勉強したいという方には
それなりに譜面を勉強する時間も用意しますので、
遠慮なく言ってください!!

ただ!!!

ステージでは譜面なんて見ないで演奏した方が
カッコイイんですけどね(笑)。


 

(2009年7月31日(金) 3:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

JAZZBILLYでメジャーデビュー!歌心を大事にするジャズドラマー

新着記事

<style><!--.y-main{font-size:85%;line-height:160%;}--></style><div class="y-main">こんばんは。ドラム講師の平野です。 先日、とある3人組ユニットのレコーディング。 サウンドプロデューサー直々に連絡を頂...

<style><!--.y-main{font-size:85%;line-height:160%;}--></style><div class="y-main">こんにちは。ドラム講師の平野です。 先日、同じ日に別会場で2本のLIVEという日がありました。 スケジュールの都合上こ...

<style><!--.y-main{font-size:85%;line-height:160%;}--></style><div class="y-main">こんばんは。 ドラム講師の平野雄大です。 さて、今日は愛器であるドラムペダルのメンテナンスを。 自分は『Gibral...

<style><!--.y-main{font-size:85%;line-height:160%;}--></style><div class="y-main">今年もすでに2週間が経過していますが、 みなさん、明けましておめでとうございます。(遅っっ) 私の生徒の皆さんも無事「初叩...

<style><!--.y-main{font-size:85%;line-height:160%;}--></style><div class="y-main">先日リハーサルを行ったビッグバンド、 『JAZZBILLY』のLIVEが無事終了しました。 場所は北海道は北見市。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ