サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,515 ...

#1,515 (12/26)~セッティング♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日は朝からレッスン。今年のレッスンも残り少なくなってきました(^_^)。

さて、長くドラムを教えていて何より大事に言ってきたのはセッティングとフォーム。何事も最初が肝心と言いますが、ドラムの場合はこの2つです(^_^)。

今回は私の体験レッスンでお配りしているテキストより、まずはセッティングについて説明します(画像参照)。

画像左は真上から見たセッティング。
ドラムはバスドラムを中心に考えるのではなく、スネアを中心に考えるのがポイント。イスは深く座らず浅く座る事。スネアを中心に両サイドにペダルがくるようにバランスよく移動させスタンド類をセッティングしましょう。

画像右は横から見たセッティング。
それぞれ高さと距離間をセッティングしましょう。

イスの高さは膝が90度より広くなるようにするのがポイント。狭くなると毎回脚を上げる動きになり楽に叩けなくなりますからね。あと距離間も大切、膝から真下にペダルがくるようにセッティングしまょう。
ちなみにペダルのビーターの角度は45度にするのがポイント。

イスが決まれば次はスネアです。スタンドの構造を理解し、三脚1つを自分側に向けるように置きましょう。高さは臍の下辺りに打面=ヘッドがくるように調整します。スティックの先(チップ)がヘッドのセンターにくる距離間も大事です。少しだけ自分側に傾けるのも楽に叩けるポイントです。

次にハイハット。スネアのヘッドから縦に握りこぶし2つ分程の高さにボトム・ハイハットがくるように高さを合わせます。この高さがビートを叩く時に手がクロスするので互いに当たるのを防ぎます。

ここまでを基本セッティングとし、フォームへ繋げていきます。フォームは次回紹介致します。

#1,515 (12/26)~セッティング♪

(2014年12月26日(金) 1:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 北大阪での地震後、未だ連絡が取れていない生徒さんが何名かおられます。心配しておりますので無事であれば何卒連絡をお願い致します。 地震による影響で振替となったレッスンも多く、レッスン日程を決められてない生徒さんは早めの日程提案をお...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ YAMAHAのEAD-10はアコースティック・ドラムをセンサーマイクとトリガーマイクを通じて音色を変換させるエレクロニック・アコースティック・ドラム・モジュールです。 (分かる人には理解してもらえますが、何だかTDSタートルトークの...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今日は久々に私の母校である音楽専門学校に行ってました(^_^) 自身のスクール行事を含めた相談や近況報告等を話し、学校の様子を聞いてきました。 又、教え子も何名か在学しているので、学校生活の様子等も聞いてきました。 専門...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 入会すると1レッスン無料になるキャンペーンが今月中(6月末)までとなります。 2018年6月30日(土)までに体験レッスンのお申込みをされた方が対象ですので、体験レッスンを考えておられる方は是非お申込みください♪ 同時...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ LINEのアイコンにもあるスクール・キャラクター゛kanapyon゛♪=私ですが、少しずつバージョンアップしてます(^_^;) (画像参照) 最初はフェイスだけでしたが、順に手が増え~カラーになり~身体が増え~ドラムも順に...

ブログ記事 ページ先頭へ