全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール RealJam スクールブログ 初めてのドラム

初めてのドラム

こんにちは。講師の平野雄大です。

第1回目の投稿と言うことで何を書こうかと思ってるんですが、
ココを読んでくださってると言うことは、ドラムを始めたい方か、
それともドラムをやってるけど壁にぶち当たった方か…(笑)。

…なので、まずはスティックの選び方なんぞ。

今からドラムを始める方は
何を買って良いのか分からないだろうし、
すでにドラムをやっている方でも
「ホントにこのスティックで良いの?」という
疑問を持っているのではないでしょうか?

楽器店に行けば分かると思いますが、素材、長さ、重さ、形状、
とにかく多種多様のスティックが置いてありますよね。

あの数の中から自分に合ったものを選ぶというのは
はっきり言って至難の業です。

ただ、手の大きさや筋力(性別)、
演奏ジャンルによってある程度は見えてくるものなのです。

例えば、あなたに憧れのドラマーが居るとします。
憧れの人とは同じものを使いたくなるのがファン心理。

もちろん、私も10代の頃はそうでした。

いや、私の場合はもっとタチが悪い。
その憧れのドラマーのスティックを“買っただけ”で
上手くなった気がしてました(笑)。

でも実際は、とても10代の私では扱える重さではなく、
手首を傷めてしまった痛い思い出があります(汗)。

憧れの人のスティックを買うなとは言いません。

もしそのスティックを買って自分に合わないようなら、
部屋に飾っておきましょう。

そして本当に自分に合うスティックは
演奏ジャンル、筋力などからアドバイスさせていただきますので
一緒に探しましょう!!

ちなみに私のレッスンでは、
様々な太さ、重さのスティックを複数用意しております。

とりあえずその中から、
自分に合ったスティックの
傾向だけでも分かるのではないのでしょうか?


 

(2009年7月30日(木) 18:21)

次の記事

この記事を書いたコーチ

JAZZBILLYでメジャーデビュー!歌心を大事にするジャズドラマー

ドラムスクール RealJam
平野雄大 (ドラム)

溝の口・登戸・新丸子・宮前平

ブログ記事 ページ先頭へ