サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 横濱drummer's school スクールブログ 何とかした~~...

何とかした~~~い!!・・・その1(スティックワーク)

さて、最初にぶち当たる様々な悩みの一つに、
「右手のスティックが早く振れない!」
が、あると思います。

ゆっくりなリズムなら、曲に合わせて刻むことがみんな出来ますが、
中には、激しくなくても早いリズムを叩かなければいけない事が出てきます。
それで、悩んだ挙句、曲調をゆっくりにしたり、手数を半分に減らしたり・・・
最悪は、ギリギリで叩くためにリズムがバラバラになったりしてしまいます。

右手を上から下に振りおろした叩き方では、早く叩くには限界があります。
じゃあ、どうする?

ヒントは、「上から下に振りおろした後、振り上げる際にヒットしながら振り上げる!」   です^^

百聞は一見に如かず

コツをつかめば、今よりもっと楽に8ビートが、叩けるようになりますよ!

私が教える際には、生徒さんの手を取って、感じをつかんでもらうやり方で、
教えます。
これが、一番わかりやすいw

{右手の問題が緩和されるとスネア・バスドラのリズムも安定する}

まずは、正確なハイハットのリズムが刻めないとスネアもバスドラも
安定しないですよね^^

少しでも、ヒントになれればと思います。
体験したい人は、スクールに来て下さいね~~^^

次回も初心者に為になるヒントを書きますので、お楽しみに!






 

(2009年8月5日(水) 19:42)

前の記事

この記事を書いたコーチ

レッチリの前座も務めた、2010年横浜エリア人気No.1コーチ!

新着記事

さて、最初にぶち当たる様々な悩みの一つに、 <b>「右手のスティックが早く振れない!」</b> が、あると思います。 ゆっくりなリズムなら、曲に合わせて刻むことがみんな出来ますが、 中には、激しくなくても早いリズムを叩かなければいけない事が出てきます。 それで、悩んだ挙句、曲調を...

さて、初めてドラムをやろうと思って最初に出くわした悩み・・・ <b>「どこ叩いてんの!?」</b>でしたw 好きな曲を聴いても「ドンタン、ドドタン」をどうやっているか分からなかったんです。 自分なりにバスドラのリズムパターンを聞いて、スネアのリズム、ハイハットを聞いて・・・・・・...

今回は、<b>「リズム」</b>について。 三文字で簡単に言えてしまうけど、drummerにとって、最重要な部分。 特に始めたばかりの人は、意外と気づかない点でもあったりする・・・・ 初心者の人に再確認していただきたいことは、 <b>「バンド演奏をするにあたって、ドラムのリ...

こんにちは! 梅雨明けして、毎日暑い日が続いてますね~~~ ポカリでも飲んで乗り切りましょう!w ここ読んでいる人は、きっと初心者の方が多いかとおもって、 思い切って、原点回帰してブログ書いてみようと思います! やっぱり、教えるにあたって、皆さんの気持ちをもう一度感じて、 ...

皆さんもご存じの通り、私たち人間の祖先にあたる原始人。 言語が発達する前から、物を叩いて音を出して伝達したり 楽器がない時から、何かを叩いて今で言うリズムを刻んだり・・・ <b>「ウフォ ウフォ」</b>みんなで言いながら 木の棒で音を出しては 士気を高めたり、喜びあったり。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ