全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 横濱drummer's school スクールブログ 「原点回帰」 ...

「原点回帰」 part2・・・悩み

さて、初めてドラムをやろうと思って最初に出くわした悩み・・・

「どこ叩いてんの!?」でしたw

好きな曲を聴いても「ドンタン、ドドタン」をどうやっているか分からなかったんです。
自分なりにバスドラのリズムパターンを聞いて、スネアのリズム、ハイハットを聞いて・・・・・・・・・・・手足をどうやって動かせばいいのかもわからずでした。

中学に入ったばっかりだったし、今のように情報を入手することがたやすい時代ではなかったのであるのはレコードとステレオのみ。
何度も針を落としながら繰り返し聞き取りを行いました。

当時は教本も少なく、今のように「CD付き」「DVD付き」なんてあるはずもなく、
よくて、「ソノシート」。

なにしろ簡単なリズムの曲を探して、菜箸で枕を叩く日々を過ごしました。
それでも段々解ってきて1曲を通して練習できた時の喜びは、今でも憶えています^^

「はじめの一歩」のスタートが始まり、それから「スティックの持ち方」「バスドラの踏み方」
「ハイハットの刻み方」「スネアの叩き方」「シンバルの叩き方」「タムの回し方」・・・etc
徐々に奥深くなっていきました。

ブログでは、細かい事まで伝えられないですが、一緒にレッスンに入ったら、初心者の皆さんには、「目から鱗」のようなことが勉強できるかもしれませんね!

ドラムの楽しさ・かっこよさ・バンドでのドラムの役割を伝えたいです。

ちょっとしたヒントで一皮むけることができると思っています。
今のバンド仲間に「ギャフン!」と言わせちゃいましょうw

次回の予定は、「原点回帰」part3として、リズムについてをカキコしますので
おたのしみに~~


 

(2009年7月22日(水) 21:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

レッチリの前座も務めた、2010年横浜エリア人気No.1コーチ!

ブログ記事 ページ先頭へ