サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 横濱drummer's school スクールブログ 「原点回帰」 ...

「原点回帰」 part2・・・悩み

さて、初めてドラムをやろうと思って最初に出くわした悩み・・・

「どこ叩いてんの!?」でしたw

好きな曲を聴いても「ドンタン、ドドタン」をどうやっているか分からなかったんです。
自分なりにバスドラのリズムパターンを聞いて、スネアのリズム、ハイハットを聞いて・・・・・・・・・・・手足をどうやって動かせばいいのかもわからずでした。

中学に入ったばっかりだったし、今のように情報を入手することがたやすい時代ではなかったのであるのはレコードとステレオのみ。
何度も針を落としながら繰り返し聞き取りを行いました。

当時は教本も少なく、今のように「CD付き」「DVD付き」なんてあるはずもなく、
よくて、「ソノシート」。

なにしろ簡単なリズムの曲を探して、菜箸で枕を叩く日々を過ごしました。
それでも段々解ってきて1曲を通して練習できた時の喜びは、今でも憶えています^^

「はじめの一歩」のスタートが始まり、それから「スティックの持ち方」「バスドラの踏み方」
「ハイハットの刻み方」「スネアの叩き方」「シンバルの叩き方」「タムの回し方」・・・etc
徐々に奥深くなっていきました。

ブログでは、細かい事まで伝えられないですが、一緒にレッスンに入ったら、初心者の皆さんには、「目から鱗」のようなことが勉強できるかもしれませんね!

ドラムの楽しさ・かっこよさ・バンドでのドラムの役割を伝えたいです。

ちょっとしたヒントで一皮むけることができると思っています。
今のバンド仲間に「ギャフン!」と言わせちゃいましょうw

次回の予定は、「原点回帰」part3として、リズムについてをカキコしますので
おたのしみに~~


 

(2009年7月22日(水) 21:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

レッチリの前座も務めた、2010年横浜エリア人気No.1コーチ!

新着記事

さて、最初にぶち当たる様々な悩みの一つに、 <b>「右手のスティックが早く振れない!」</b> が、あると思います。 ゆっくりなリズムなら、曲に合わせて刻むことがみんな出来ますが、 中には、激しくなくても早いリズムを叩かなければいけない事が出てきます。 それで、悩んだ挙句、曲調を...

さて、初めてドラムをやろうと思って最初に出くわした悩み・・・ <b>「どこ叩いてんの!?」</b>でしたw 好きな曲を聴いても「ドンタン、ドドタン」をどうやっているか分からなかったんです。 自分なりにバスドラのリズムパターンを聞いて、スネアのリズム、ハイハットを聞いて・・・・・・...

今回は、<b>「リズム」</b>について。 三文字で簡単に言えてしまうけど、drummerにとって、最重要な部分。 特に始めたばかりの人は、意外と気づかない点でもあったりする・・・・ 初心者の人に再確認していただきたいことは、 <b>「バンド演奏をするにあたって、ドラムのリ...

こんにちは! 梅雨明けして、毎日暑い日が続いてますね~~~ ポカリでも飲んで乗り切りましょう!w ここ読んでいる人は、きっと初心者の方が多いかとおもって、 思い切って、原点回帰してブログ書いてみようと思います! やっぱり、教えるにあたって、皆さんの気持ちをもう一度感じて、 ...

皆さんもご存じの通り、私たち人間の祖先にあたる原始人。 言語が発達する前から、物を叩いて音を出して伝達したり 楽器がない時から、何かを叩いて今で言うリズムを刻んだり・・・ <b>「ウフォ ウフォ」</b>みんなで言いながら 木の棒で音を出しては 士気を高めたり、喜びあったり。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ