全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 優しく教えるドラム講座 スクールブログ メトロノームだ...

メトロノームだけが友達…

寂しくありません。

淋しくありません。

侘しくありません。

だって、

クリック(メトロノーム)が傍に居てくれるんですもの。( ̄^ ̄)


ということで、
クリックに合わせて叩けない方々のチカラに、少しでもなれたら幸いなブログです。

アニソンアーティストやアイドル等、ドラムのいないユニットさんとお仕事させて頂くことがチョコチョコあるのですが、
多くの場合、全て同期演奏です。


同期演奏とは、CD音源などに入っているボーカルのコーラス、いろいろな効果音などと合わせるために、
クリックを聞きながら、ズレないように演奏することです。


僕はクリックが苦手で嫌いで、ドラムを始めて随分経ってからようやく本腰を入れました(^^;


そんな僕でも、日々の練習の積み重ねでお仕事を頂けるようになりました♪(^^)


■さて、本題に入ります。

どうしてもズレてしまうという方、
難しいフレーズを合わせようという前に、
先ずは、1音ずつ合わせてみてください!

ゆっくりなテンポで(80とか90とか)
1.2.3.4.とカウントを出し、1のときだけシンバルとバスドラムを鳴らします。(これを繰り返す)

ジャ~ン 2.3.4. ジャ~ン 2.3.4.~

という感じで。

当然、曲にもよりますが、小節の頭からズレてしまってはガタガタになってしまいます…

1がどれだけ大切かということです。

慣れてきたら、1拍目と3拍目に鳴らしたり、4拍全て鳴らしたりとパターンを変えていきます。

この練習をするときに気を付けることは、
鳴らさないときも音符を意識することです。

休符を意識することで、より1がズレにくくなってきます!


試しに続けてみてください!(^^)

クリックに合わせることが出来ると、
活動の幅も広がり、より楽しめると思いますょ~
(  ̄▽ ̄)

 

(2014年12月11日(木) 13:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

まずはシンプルな技術をしっかりと。でんぱ組等、サポート経験も豊富!

ブログ記事 ページ先頭へ