全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ 本番中のハプニ...

本番中のハプニングに備えて...

 ご無沙汰してます。
ここのところ、体調を崩したり、なんやかんやでして・・・。

さて、師走。
音楽家のみなさんも、ライブにセッションにと何かと忙しい日々が控えているんではないでしょうか?

そんな忙しいドラマーのために、経験上のちょっとした注意点を少し・・・。

結構、「ここに楽器置けるの?」というような小さいハコで演奏する方も多いかと思います。
更に、フローリングの床にキズをつけられない場所、つまり、バスドラムのスパーのストッパーの針を出せないところもあるんです。

以前、こんな状態で時間もなく、仕方なくプレイしていたところ、バスドラムがどんどん、どんどん前に動いていき、バスドラ連結のタムも当然動いていき、取り残された私は、フロアタムをバスドラの代わりとして凌いだものでした。非情にブルーなハートになったのは言うまでもありません。

そこでみなさんがブルーなハートにならないために回避策をひとつ。

使わないスティックを2~3本ずつ、バスドラの脚の前方にヘッドと平行にセットします。そのままフロアにガムテープで固定します。頑丈に固定したら、バスドラの脚にも巻きつけ、テンションをかけて固定します。

これで、まず大丈夫。
それでも心配な場合は、バスドラのフロントに角度をつけず、シェルもスティックで固定してしまいましょう。


とりあえずこれで安心。でも、ガムテープを床に貼っていいかどうか、お店の人にも聞いてくださいね。


では、また いつか。

 

(2014年12月5日(金) 16:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ