全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ セッティングに...

セッティングに気を配る

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


以前も書いたことですがセッティングを見るとだいたい初心者か中級者以上か分かります。

ドラムが上手い人のセッティングはセットされた各パーツに全て

なぜその位置なのか
なぜその角度なのか


という意味合いがあり、パッと見ただけでその人のこだわりを感じ取ることが出来ます。


初心者の人達はまだ奏法やスタイルが固まっていない上、ドラムという楽器自体にも慣れていないため、いきなりこういった「こだわりのセッティング」をすることは出来ません。

ですからセッティングが大雑把になってしまうこと自体は仕方ないのですが、初心者だからと言ってあまりにも適当にセッティングしていては上達の妨げになります。

そこで今回はセッティングする上で大事なポイントをいくつか解説します。

※次に部室やリハーサルスタジオなどでドラムをセッティングする時はちょっと気にかけてみてください。


(1)タム、シンバルの高さ・角度を揃える

これが超基本です。

たまにタムとかもうグチャグチャで打面が全然揃っていなくて「これでどうやって叩くわけ?」と首をかしげるようなセッティングに出くわします。

そういうセッティングで練習すると上手い人ですらミスショットが出てしまいますから初心者の人達はなおさら上手く叩けません。

タム、クラッシュシンバルの高さ、角度を揃えましょう。

その方が見た目も美しいですしね。


(2)タイコ類を手前に傾け過ぎない

ドラムを始めた初期の頃は手首があまり上手く使えず腕を棒のようにして使う初心者ドラマーさんが多いです。

そういう人はタイコ類を傾けないとスティックがリムに当たってしまってうまく叩けないため、かなり傾けてセッティングする傾向があります。

それ自体は仕方ないですが、必要以上に傾け過ぎてスティックとヘッドの当たる角度が付き過ぎている場合は問題です。

スティックはなるべくヘッドと平行に近い角度で当たるのが理想的です。それが一番力が無駄なくヘッドに伝わり効率良く音を鳴らせる角度だからです。

角度を付けて叩いてしまうとヘッドが傷みやすく簡単にボコボコになってしまいます。(図を参照のこと)

リハーサルスタジオでボコボコになったヘッドを見かけたことはありませんか?

あれはパワーがある人が打ったのではなくスキルの低い人が角度を付けてスティックでヒットした結果なったものです。


(3)イスを極端に低く(高く)し過ぎない

イスの高さも初心者のうちは基準が分からず、なんとなくスタジオで前の人が使っていた高さでそのまま始めてしまったりします。

イスは低すぎると猫背になったり腰を痛めやすいですし、高過ぎるとフラフラしてしまって安定したプレイが出来ません。

初心者のうちはイスの高さも標準的な高さでプレイすることをオススメします。

イスに座った状態で足を床に付けたらカカトだけを上げます。

その時にモモから膝へのラインが床と並行かやや下りのラインになるように座るようにアドバイスしています。

プロの中にはもっとイスが低い人、高い人、いろいろいますが、まずはこの基本の高さで練習をして一通りバスドラムペダルやハイハットペダルが操作できるようになってから自分のこだわりを加えるようにしましょう。


あとオススメなのが

上級者の人がセットしたドラムセットでそのまま叩いてみること

です。

自分とは違うセッティングに触れてセッティングの勉強をしてください。

そして疑問に思ったことはどんどん質問してみましょう。


■最後に

大事なことですが各ドラムやパーツについて正しい知識や情報を持ちましょう。

リハーサルスタジオに入ると間違ったドラムの取付け方やスタンドの使い方をしているセッティングをよく見かけます。

これは楽器自体に負担がかかったり、場合によっては演奏中にスタンドが倒れたりズレたりして大変危険です。

無茶な使い方をして機材や自分の体を痛めてしまわないように気を付けましょう。

セッティングに気を配る

(2014年12月4日(木) 10:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ