全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ 自信とは?

自信とは?

某プロゴルファーがこんな話をしていたのをTVで観ました。

グリーンまで1オン出来る時には、必ず狙う。
グリーンに乗せてから、入れに行っては1打無駄になるから。


この発言は非常に興味深い。

狙いに行く=強気の姿勢

その強気の姿勢はどこから産まれてくるのか?

負けん気の強さなのかも知れませんが、
勝負事となると、裏目に出る可能性もある。
だけど、そこで勝負して行かない事には、勝負師ではない。


友人達とその事で議論になった時に出た結論はこんなでした。

狙えるだけの自信にまで至ったトレーニングとイメージがどれだけ強いか

何万回も練習したんだから、外す訳が無い!
という境地にまで至れれば、『狙う』という選択肢が用意に出てくるのではないでしょうか?
それがトレーニングの成果ではなく、ただの負けん気の強さだとしたら、
本当の勝負師。でも危険も伴う。なぜなら、勝負事だから負ける事もある訳です。


さて、それをミュージシャンに置き換えてみるとどうなるか?

きっと、それぞれに色んな答えが出てくるでしょう。

その答えって、決して正解でも間違いでもないんです。

でも、その時の答えという物を大切にして下さい
その答えは、時として変わって行く物です。
それすらも楽しんでみて下さい。

それが、進化になると僕は思っています。





それでは、素敵なDrummerを2人紹介します。

Gerry BrownとStevie Wonderです。どうぞ!



 

(2009年1月16日(金) 14:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

ドラム塾【舞】
中村"NOBU-san"暢晃 (ドラム)

吉祥寺・中野・荻窪・武蔵小金井

ブログ記事 ページ先頭へ