全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,489 ...

#1,489 (11/30)~セッティング~その三♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

YAMAHAとPearlのタムホルダー・セッティングを紹介しましたが、次に生徒さんが難しく感じているシンバル・スタンドについて紹介したいと思います。

色んなメーカーのシンバル・スタンドがありますが、特にYAMAHAのブームスタンドに苦戦している方が多いようです。順に分かりやすく説明します(画像参照)。

①スタンドは下側からセッティングするようにしましょう。三脚→高さ→角度の順です。
このボルトは一番上にある高さ調整ボルトです。

②YAMAHAは同じ所に2つボルトがあり、ここはブーム部分の角度だけを調整するボルトです。拡大した画像が下ににあるので参照してください。

③このボルトはスタンドからブームの長さを調整する所です。②のボルトも使いブームをスタンド内に収納しストレート・スタンドにする事も可能です。

④シンバルの角度(縦方向)を調整するボルトです(古いタイプは形や構造が異なります)。

⑤シンバルを取り付けるボルト。実はサウンドに一番影響するのはこの部分です。

スタジオにあるスタンドをよく見て安全で無理のないセッティングをしましょう。

#1,489 (11/30)~セッティング~その三♪

(2014年11月30日(日) 0:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ