サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ タッチ

タッチ

チョット!チョットチョット!
ではありません。
青春野球漫画でもありません。

総てにおいて、このタッチ(質感とでも云いましょうか)が
ポイントになってくると思います。
例えば、足下にある荷物を向こう側に運んで欲しい時に、
『向こうに運んでおいて!』と頼むのか、
『向こうに運んでおいて下さい。』と頼むのか。
自分が置かれている状況や、相手の状況も考えて、
そのシーンに合った言葉を選ばないと、
相手に不信感を与えてしまう場合があります。

そういった状況判断の力を養うには、
時間がかかるし、多くの人生経験や考える力を持たないと、
出来ないかも知れませんが、
そこにLOVEがあるかどうかではないかと
最近はつくづく考えます。

例えば、失恋ソングの楽曲に合わせて、
元気一杯に演奏してしまって良いのか?
激しく演奏してしまって良いのか?

ボーカリストのテンションや、楽曲の雰囲気を考えず、
雰囲気を壊してしまう様な演奏は、
K.Y.に成ってしまいます。

その空気感等も考慮した上で演奏する事こそが、
ミュージシャンを超えて、
アーティスト
なるのではないでしょうか?

さて、極上のタッチのDrummerは星の数程居ますが、
今日はその中からPaul Wertico氏を紹介します。
僕は、この人のスティッキングをかなり意識しています。

 

(2008年11月4日(火) 20:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

新着記事

《セッティング》 リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。 それが、セッティングです。 皆さんは、セッティングはどうしてますか? 自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょ...

さて、フォームの続きです。 西の大御所、東原力也さんの演奏をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=MwmDaEFM8Es 気合の一撃って感じですよね? また、こちらは、マヌ・カッチェという方の演奏です。 https://www.y...

僕が子供の頃に好きだった野球選手の1人に、 巨人の桑田真澄投手がいます。 なんで好きなのかなぁ〜?って考えてました。 多彩な球種とか、巨人の顔とかあったけど、 あの投球フォームの綺麗さだったんだな!って結論に辿り着きました。 https://www.youtube.com/wat...

先日、僕の師匠のところへ、お借りした機材を返却しに行った時のこと。 あまり時間にうるさくない師匠ですが、 この日は珍しく11時に来い!っと。 もちろん、時間通りに行って、きちんと返却しましたw 師匠はこの後、個人練習に入るから11時に来て欲しかったそうです。 プロは日々の...

おはようございます! 今日は天気が良さそうですね! 昨日は、高校生のLessonでした。 僕が高校生の時は、一番練習していた気がします(爆笑) 電車通学だったので、ウォークマン(古)を聞きながら、 BANDスコアを睨みつけてたモノですw お昼休みは、部室でギタリストとセッシ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ