全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,488 ...

#1,488 (11/29)~セッティング~その二♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

11月から毎週体験レッスンでスケジュールが埋るようになり調整が大変です(^_^;)。今日も茨木で体験レッスンがあり、本レッスンの日程決めが心配でしたが、無事に決めれて良かったです。
とはいえ、キャンペーン期間も残りわずか、申し込まれるなら今がチャンスです♪

さて、前回に続きレッスン前のセッティング~タムホルダー/Pearl(パール)編です。
それぞれボルトの仕組みを理解し快適なセッティングをしましょう♪

Pearlは画像のように大きく2種類のタムホルダーがあります。順に説明します。

①最初にこのボルトで全体の高さを調整します。YAMAHAは1本に集約してますがPearlはそれぞれ独立したホルダーになっているので同じ高さに合わせましょう。※バスドラムに当たらないよう気をつけましょう。

②このボルトでタムの角度を調整します。左側のタムホルダーは手で調整出来るタイプですが、右側のタムホルダーはチューニングキーで調整するタイプです。左側は縦にしか動きませんが、右側は横にも回転します。

③最後にこのボルトで距離間を調整します。
シェル(胴)に穴が開いていないタイプが多いので、タムホルダーも短いタイプが多いのでタムを落とさないように注意しましょう。

と、各ボルトには役割があります。間違ってもボルトを緩めないでタムを動かす事は絶対にしないでください。タムホルダーか故障してしまいます。

Pearlのボルトはスティックが挟める溝があります。ボルトが硬く手で緩めれない時はスティックを挟んで緩めると便利です。子供や女性の方にオススメの方法です。ただし絞める時はこれを使わないように。

#1,488 (11/29)~セッティング~その二♪

(2014年11月29日(土) 1:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ