サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ 痛み

痛み

乗り越えなければいけない痛みと、
避けなければいけない痛みがあります。

乗り越えなければいけない痛みとは、
筋力の部分になってきます。

避けなければいけない痛みとは、
身体の部位などとなります。

違い解ります?


実は、コレって中々解り辛いんです。




具体的に言いますと、


例えば、フットワークを強化するべく、トレーニングをします。
足の筋肉が、モワァ~ッとしてきて、
いかにも筋肉に効いている感じ。
筋肉痛的な痛みは、乗り越えなければいけない痛みになります。

また、同じ様なトレーニングでも、腰や足首等の関節に来る痛みは、
身体に負荷が掛かっている証拠ですので、
これは避けなければいけない痛みとなります。


この基準は、自己判断では解らない場合が多々あります。

痛みが生じた場合は、すぐに中断する事をお進めします。
筋肉痛の場合は、暫く置く事でパンプアップするので、
時が過ぎれば、痛みは消えます。

しかし関節痛の場合は、後遺症を引き起こしかねない事もあります。
ヘルニア等をやってしまうと、Drummer人生を断念せざるを得ない!
なんて選択肢を取らなければならない場合もあります。

痛みが生じる場合は、必ず何か変化が起きている証拠です。
その場合は、必ず休む事です。
休んでも痛みが弾かない場合は、
近くのDrums上級者若しくは医師に相談しましょう。

こう考えると、Drumsって危険な香りがしますよね?

でもそんな事はありません。
普段使うべき筋肉を使わないから、起こる痛み。
演奏すると云う事は、非日常ですので、
身体には、多少の負担がかかります。

痛みの全てが、身体への負荷でありませんので、
ご心配なく!

 

(2008年10月19日(日) 23:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

新着記事

《セッティング》 リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。 それが、セッティングです。 皆さんは、セッティングはどうしてますか? 自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょ...

さて、フォームの続きです。 西の大御所、東原力也さんの演奏をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=MwmDaEFM8Es 気合の一撃って感じですよね? また、こちらは、マヌ・カッチェという方の演奏です。 https://www.y...

僕が子供の頃に好きだった野球選手の1人に、 巨人の桑田真澄投手がいます。 なんで好きなのかなぁ〜?って考えてました。 多彩な球種とか、巨人の顔とかあったけど、 あの投球フォームの綺麗さだったんだな!って結論に辿り着きました。 https://www.youtube.com/wat...

先日、僕の師匠のところへ、お借りした機材を返却しに行った時のこと。 あまり時間にうるさくない師匠ですが、 この日は珍しく11時に来い!っと。 もちろん、時間通りに行って、きちんと返却しましたw 師匠はこの後、個人練習に入るから11時に来て欲しかったそうです。 プロは日々の...

おはようございます! 今日は天気が良さそうですね! 昨日は、高校生のLessonでした。 僕が高校生の時は、一番練習していた気がします(爆笑) 電車通学だったので、ウォークマン(古)を聞きながら、 BANDスコアを睨みつけてたモノですw お昼休みは、部室でギタリストとセッシ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ