全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,487 ...

#1,487 (11/28)~タムホルダー・セッティング♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

生徒の皆さん~、基礎練習ちゃんとしてますか~♪曲ばかり練習してはダメですよ~。Combination、Change Up、Rhythm Pattern等、色んなテキストの反復練習をして上達しましょう(^_^)/

さて、レッスンをする前にドラムセットのセッティングをすると思いますが、タムのセッティングで、まだまだタムホルダーの構造を理解していない生徒さんが多いです。

という事で今回はYAMAHAのタムホルダーについて再度紹介します(画像参照)。

①まず、いきなりタム自体を動かすのでなく、タム全体を上げるボルトから調整しましょう。一番大事なのはバスドラムに当たらないようにする事です。

②次にタム単体の高さを調整するボルトで合わせます。

③このボルトは角度のみ調整する所です。特にYAMAHAはボール状になっているので細かい調整が可能です。

④このボルトは距離間を調整する所ですが、あまり長くないのでタムを落とさないように気をつけましょう。

次回はPearlのタムホルダーを紹介します。

#1,487 (11/28)~タムホルダー・セッティング♪

(2014年11月28日(金) 0:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ